「加藤」の発祥は加賀介となった藤原氏

 平安時代に源義家の家臣として活躍した藤原景通が加賀国(石川県)の次官、「加賀介(かがのすけ)」に任ぜられたことから「加藤」を名乗るようになった。
「加賀の藤原は加藤を名乗った後、ほどなく現在の三重県や岐阜県に移り住みました。加藤の名字は中部地方にも多く存在します」と姓氏研究家の森岡浩さん。

 加藤景通の子孫、加藤景廉は伊勢国や美濃国などの荘園の地頭職を有して、その子孫が諸国へと枝葉を広げ繁栄していった。現代につながる加藤氏は、この加藤景廉を直接の先祖としている可能性が高い。とくに美濃国から尾張国へ移った一族からは、織田信長や豊臣秀吉の活躍によって多くの有名な武将が登場した。

 

「加藤の紋は藤原姓の下がり藤ですが、“加”の文字を加えたものも。また、蛇の目は豊臣秀吉に仕えて、肥後国(熊本県)の大名になった武将・加藤清正が用いたもので、北陸を本拠にした藤原利仁流の代表紋です」と、家紋研究会会長の高澤等さんは解説する。