高倉 私は生まれたときから上越市に住んでいて、地元に馴染みすぎていて、地元が最高だって思っています。今はお仕事の関係で新潟市内に引っ越してきているんですが、同じ新潟県でも、新潟市と上越市では、だいぶ雰囲気が違うな~と思っています。出身地だから…どうしても、上越が一番だな、って思っちゃうんです。

――それは確かにありますね。具体的に良いところを教えてください。

高倉 上越市は、海がきれいで、山もきれいで、本当に素敵なところなんですよ。とくに海は、驚くほど澄んでいて…新潟の他のエリアの海とはくらべものにならないと思うんです。夏になると、海水浴に訪れる人がとっても多いんですよ。新潟市内のビーチよりずっと人が多いんじゃないかな。

――いいですねぇ、上越。行ってみたくなりました

高倉 ぜひ、遊びにきてください。小さい頃はお母さんと一緒に海に行って潜ったり、山に登って山菜取りしたり、ほんと、大自然の中で遊んでいました。飽きないですよ! 上越はそれくらい魅力たっぷりです♡ お水も美味しいし、ごはんも美味しいです。もっとっもっと、上越市がメジャーになってほしいです♡

――ちなみに、上越市の春のおすすめスポットは?

高倉 春のおすすめは、なんと言っても高田公園の夜桜です。ちょうど今頃が見ごろだと思うのですが、本当にきれいな夜桜が見られるんですよ! 日本3大夜桜のひとつにも選ばれているんです。高田公園っていうのは、上越市の高田駅っていう駅の近くにある古城跡に出来た公園なのですが、雰囲気も素敵です。ああ…しばらく見てないですね…今年は見られるといいなぁ…。

――メジャーデビューされたから、ますますお忙しくなりますもんね。そんなわけで今回のデビューシングルで、お気に入りの曲を1曲だけ選んで、おすすめのポイントを教えてください。

高倉 「暗闇求む」が、すごく好きですね。今までのNGT48には無かった曲で…私は、暗い感じが好きなので。「海を見てると切なくなるよ」っていう歌詞で始まるんですけど、私自身も海が大好きで、切なくなる感じがわかるので、いきなり共感できちゃいました。

――上越の海がイイって言ってたもんね。そんなに海が好きなんだ。

高倉 辛いことがあったときとか、海辺を歩いたり、10分以上波を見てたりしてたことがあったんです。この曲は私の体験談みたいなので…。

――高倉さんのテーマソング的な存在なんですね。

高倉 そうなんです。「真っ暗になればいい 光はいらない」とか、なんかすごく気持ちがわかるんですよ。分かりすぎるくらいに。

――じゃ、高倉さんの気持ちをもっともっと共感するために、高倉さんの故郷の上越の海を見に行ったほうがいいですかね?

高倉 あ~~~~~。そこまでじゃないです。上越の海は人気があるから、ひとりきりになるのは難しいので。ひとりになりたいなら、他の海でお願いします。

――なるほど。

高倉 あと…真顔で、表情を作らずに歌えるのもいいんです。私、笑顔があまり得意じゃないので、こういう曲のほうが好きだな、と思うんです。実は、アイドルらしくない意見なんですが、ニッコニコの笑顔で歌うような可愛い曲が苦手なんです。

――えええええ!? じゃぁ…何故アイドルを目指そうと思ったんですか?きっかけは?

高倉 よく聞かれます。私は小さい頃から前田敦子さんが大好きで…前田さんの持つ、独特のオーラ感が大好きだったんですが…毎日、学校から帰ってくるたびにAKB48の動画を見てたんです。本当に毎日。欠かさず、飽きずに見ていました。

――それで、自分もアイドルになろうと思ったんですね?