昨年、リオデジャネイロ五輪の日本代表として活躍し、初めてA代表にも選ばれた川崎フロンターレの大島僚太選手。代表への「思い」を聞いた。

――日本代表への思いを教えてください。

 もちろん、強くあります。でもだからといって何かを変える、ということはないと思います。昨年の5月に初めて召集してもらって、9月にはデビューもさせてもらいました。それ以降、呼ばれてはいないですけどその前後で心境に変化があったか、と言われればないです。

 僕が選んでいただいたのも、フロンターレでのプレーを見て評価してもらったんだと思っていますし、だとしたらやっぱり今、フロンターレで結果を出すことが一番なわけじゃないですか。だから、フロンターレで結果を出す、そのモチベーションを大事にしていますね。

――経験して感じたことは?

 足りないところを伸ばさなければいけない、というのは感じているし、考えてはいます。やってみて思ったのは、結局、フロンターレでできていないことが代表でもできていなかったということ。だったら、フロンターレでできることをもっと増やすそう、と。それができれば、自然と次、代表に呼ばれたときもできるんじゃないかと思っています。

――経験して感じたことは?

 ボランチというポジションで考えると、まずは攻撃の際の前の選手へのパスですね。ドリブルで前へ運んでいく、ということに関しては個人的な技術の問題になると思うんですけど、パスになると受け手の動きに合わせなければいけません。その動き出しを見逃さないことは大事になると思いました。
 これは、フロンターレでもあまりできていないところだと思っています。例えば、昨シーズンだったら、(大久保)嘉人さんが真ん中にいて、その背後を(小林)悠さんが狙う、というパターンがありました。でも、ここ、というシーンでふたりの動きが見えてなかった、と思うことが多々あった。特に課題となるのは、背後へのボール。これに関してはまだ全然出せていなかったな、と。今の僕に必要なプレーだと思っています。
 そうしたフロンターレでできていないことをできるようにしていくことが、次、もし代表に選んでもらえることがあれば、つながっていくんじゃないかなと思っています。