錚々たる人気モデルや女優、タレント、文化人を虜にしているハワイのカリスマコーディネーター、マキ・コニクソン、通称「ハワイのマキさん」。本日19時からTBS「世界の日本人妻は見た」にもご出演されます!2015年7月に発売された『Maki’s happy theory』では、そんなマキさんの仕事術から、人に信頼され、ハッピーを呼び込む人柄の秘密まで迫っています。今回は、その中から、マキさんが特に大事にしているハッピーマインドのコツを4回にわけて紹介します! 初回は、マキさんのポジティブ思考の中核ともいえる、“すべては自分で決められる”という考えについてです。

 You can make your own happiness

       ~私たちは自分で人生を作っている

「楽しくなければ人生じゃない!」

 これは、私がいつも口にしている、人生の定義。

 毎日が楽しくて申し訳ないと思うくらい(笑)、私は人生を謳歌していますが、それは嫌なことがないからです。

 家族はもちろん、自分の周りにいるのは大好きな人ばかり。苦手だと感じる人とは距離をとり、いい予感のしないことには手を出さない。自分が嫌な思いをしないように、そして私自身がハッピーでいられるように、自分の人生を作っているのです。

 例えば、ディナーに誘われて、何となく気乗りしないとします。そういう時、私なら遠慮せず断ります。「断るのは悪いし……」と行ったとしても、気を使って疲れるだけで、「やっぱり行かなければ良かった」と後悔しそう。それでは相手に対しても失礼ですよね? お互いがハッピーにならないチョイスはしたくないので、社交辞令も言わないです。

 それに、私は家が大好き。仕事ではとことん付き合いますが、プライベートはできるだけ家族と一緒に過ごしたいと思っています。世界中で一番居心地のいい我が家でくつろぐ時間は、私にとって何よりの幸せ。

 嫌だと思いながら我慢することではなく、自分がハッピーを感じられることを選択します。

 小さなことかもしれませんが、こういう日々の選択が積み重なって、人生は作られていくのだと思います。

 

 

 

 自分の人生は誰のものでもなく、自分のもの。みんな、自分自身が人生を作っています。幸せに満ちたハッピーライフをおくるのも、不満ばかりのつまらない人生を過ごすのも、全ては自分が決められるのです。

“Life is too short ”

(人生は短すぎる)

同じ人生を過ごすなら、意味のないことに時間をかけず、一緒にいて幸せを感じられる人たちと過ごす、ハッピーライフを選んだほうがいいですよね。

 

 ハッピーライフは、自分を幸せにすること。そして、自分がどういう時に幸せを感じるるかを一番知っているのは自分。家族や友人ですら気づかない、性格の細かい部分までわかっているのは自分だけですよね。

 自分の心に正直に、“Enjoy life(人生を楽しむ)”ようにすることが大事です。

 

Maki's Words
人生は、誰のものでもなく、自分で作るもの。
“Life is too short(人生は短すぎる)”
毎日を楽しんで、ハッピーライフにしたい。
もっと読みたいと感じた方は、是非書店やネットで『Maki's happy theory』(KKベストセラーズ)を手に取ってみてください!