「グローバリズム」はなぜ敗北したのか?

馬渕睦夫/著『グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座Ⅱ』4月21日発売!

「ポリティカル・コレクトネス」を捨てよ!
そして、“市場"社会から“調和"社会へ―

世界中に混乱をもたらした「グローバリズム」の危険性にやっと人々が気がついた―
“壁"をなくして、私たちは幸せになったのだろうか…?
複雑怪奇な国際情勢を解読し、日本の役割を再確認する一冊です


●トランプ大統領誕生の背後にある、米国民の本音
●やるべきことは「移民」を生み出す国の環境改善
●イスラム過激派テロの裏にあるもの
●「保守」対「革新」の対立軸はもう古い
●「アベノミクス」を成功させるウルトラC
●日本人の労働観と日本の伝統的な経営方式
●「選挙」に負け続けているメディアは内なる敵
●真珠湾攻撃を「歴史的な視点」から振り返る etc.

グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座Ⅱ』(馬渕睦夫/著)4月21日発売です―

馬渕 睦夫まぶち むつお
  

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。
1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。
 同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。
 金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している。
 著書に、『国難の正体』(総和社)、『世界を操る支配者の正体』(講談社)、『日本「国体」の真実』(ビジネス社)、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか! 』(ワック)などがある。

RELATED ARTICLES-関連記事-
  • e
  • a
  • b
  • c
  • d
NEW BOOK
今日を死ぬことで、明日を生きる (ベスト新書)ネルケ無方
今日を死ぬことで、明日を生きる (ベスト新書) ネルケ無方
残念な人の口ぐせ (ベスト新書)山崎 将志
残念な人の口ぐせ (ベスト新書) 山崎 将志
最強の地域医療 (ベスト新書)村上 智彦
最強の地域医療 (ベスト新書) 村上 智彦
おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみたもぐら
おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみた もぐら
男の価値は年収より「お尻」! ?サンドラ・ヘフェリン
男の価値は年収より「お尻」! ? サンドラ・ヘフェリン
首都圏発 戦国の城の歩きかた西股 総生
首都圏発 戦国の城の歩きかた 西股 総生
グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II馬渕 睦夫
グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II 馬渕 睦夫
新米おとうちゃんと小さな怪獣あおむろ ひろゆき
新米おとうちゃんと小さな怪獣 あおむろ ひろゆき
日本人にリベラリズムは必要ない。「リベラル」という破壊思想田中 英道
日本人にリベラリズムは必要ない。「リベラル」という破壊思想 田中 英道
幻の名著復刊 中国思想史小島 祐馬(著)、呉 智英(解説)
幻の名著復刊 中国思想史 小島 祐馬(著)、呉 智英(解説)