インスタグラムで毎日1万いいね!のつく人気の柴犬だいふくの飼い主が柴犬との日々の暮らしを通じて感じた幸せやちょっと困ったことまで愛すべき小悪魔「柴犬」の魅力を3回にわけてたっぷりと教えます

柴犬と暮らしていて「やめてくれ〜!」と思うこと

 柴犬との楽しい暮らしの中で、ときどき響き渡る悲鳴。飼い主さんの「やめてくれ〜!」は、柴犬あるあるではないでしょうか?

 例えば子犬の頃は、甘え噛み。何でもかんでもカジカジ。人の指もカジカジ。反抗期!? なんて思ってしまうかもしれませんが、ご心配なく。犬の口は人の手の代わりなので、触ったりつかんだりする代わりに噛んでいるんです。

 穴を掘ったりミミズに体をこすりつけたりすることも! 決まってシャンプーしたばっかりのときだったりして……。犬は自分の体臭が一番好きなのかも? そういえば犬の肉球のにおいが好きな飼い主さんは多いですよね。

 

 だいふくもおとなしそうな顔をしていますが、実はかなりカジカジ好き。テーブルや椅子の脚もボロボロ、壁紙までボロボロ……。天真爛漫な笑顔の下に隠れた破壊魔に、「やめてくれ〜!」と何度叫んだことでしょうか。

 やがて成犬になれば、帰宅を拒否して寝転がったりして、飼い主さんを困らせる方法がちょっと高度になりますよね。犬のせいではないけど、春と秋は抜け毛がすごい。出かける前に抜け毛をしっかり取ったつもりでも、どこかに必ずくっついているのが不思議です。「やめてくれ〜!」と言っても無駄なことは、広い心で受け入れるのもありでしょう。

 気乗りがしないときに呼ばれても無視するのに、「まぁいいか」と思ってテレビを見始めると途端に邪魔しに来たり。だいふくのことなんですけどね……。柴犬は本当にツンデレ!

 年を重ねた老犬は、顔立ちが優しくなったり体が白っぽくなったり、味わい深い変化があります。シニアになって困るとしたら、外トイレにこだわるのを「やめてくれ〜!」でしょうか。柴犬はいくつになっても外が好きですね。

 だいふくはまだ3歳。これから一緒に過ごしていくうちに、どんな「やめてくれ〜!」ということを起こしてくれるのでしょうか。筆者はたくさんの犬と暮らしてきて、たくさんの柴犬あるあるを見てきました。楽しいこともあれば困ったこともあったけれど、どちらも大切な思い出、柴犬との暮らしはたまりません!