「リベラリズム」は駄目な思想である!

新刊『日本人にリベラリズムは必要ない。 「リベラル」という破壊思想』(田中英道/著)4月26日発売!

   “西洋の思想"をありがたがるな! 

「リベラル」「リベラリズム」とは何か…?
「マルクス経済学」(社会主義)から、フランクフルト学派「批判理論」、
フロイト「エディプスコンプレックス」、丸山眞男の日本論「古層」まで、
リベラルの欺瞞と危険性を暴く!
「知の巨人」による思想論。

● 20世紀におけるマルクス主義の経典『獄中ノート』
● リベラルの得意技は“言葉狩り"
● 「生まれながらにして不幸」というフロイトの人間観
● OSS(戦略情報局)による「日本計画」
● 天皇を利用した後に葬る「二段階革命」
● マルキシズムに利用されているアダム・スミスの思想
● 「日本思想」をとらえ損なった丸山学
● 「民主主義」の名で展開された「社会主義」
● 誇りを持って自らの文化に生きる幸せ etc.

日本人にリベラリズムは必要ない。 「リベラル」という破壊思想』(田中英道/著)4月26日発売!

田中 英道たなか ひでみち
  

昭和17年(1942)東京生まれ。文学博士。東北大学名誉教授。フランス、イタリア美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に着目し、精力的な研究を展開している。また日本独自の文化・歴史の重要性を提唱し、日本国史学会の代表を務める。著書に、『日本美術全史』『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(共に講談社)、『新しい日本の歴史』(育鵬社)他多数。

RELATED ARTICLES-関連記事-
  • e
  • a
  • b
  • c
  • d
NEW BOOK
今日を死ぬことで、明日を生きる (ベスト新書)ネルケ無方
今日を死ぬことで、明日を生きる (ベスト新書) ネルケ無方
残念な人の口ぐせ (ベスト新書)山崎 将志
残念な人の口ぐせ (ベスト新書) 山崎 将志
最強の地域医療 (ベスト新書)村上 智彦
最強の地域医療 (ベスト新書) 村上 智彦
おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみたもぐら
おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみた もぐら
男の価値は年収より「お尻」! ?サンドラ・ヘフェリン
男の価値は年収より「お尻」! ? サンドラ・ヘフェリン
首都圏発 戦国の城の歩きかた西股 総生
首都圏発 戦国の城の歩きかた 西股 総生
グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II馬渕 睦夫
グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II 馬渕 睦夫
新米おとうちゃんと小さな怪獣あおむろ ひろゆき
新米おとうちゃんと小さな怪獣 あおむろ ひろゆき
日本人にリベラリズムは必要ない。「リベラル」という破壊思想田中 英道
日本人にリベラリズムは必要ない。「リベラル」という破壊思想 田中 英道
幻の名著復刊 中国思想史小島 祐馬(著)、呉 智英(解説)
幻の名著復刊 中国思想史 小島 祐馬(著)、呉 智英(解説)