「リベラリズム」は駄目な思想である!

新刊『日本人にリベラリズムは必要ない。 「リベラル」という破壊思想』(田中英道/著)4月26日発売!

   “西洋の思想"をありがたがるな! 

「リベラル」「リベラリズム」とは何か…?
「マルクス経済学」(社会主義)から、フランクフルト学派「批判理論」、
フロイト「エディプスコンプレックス」、丸山眞男の日本論「古層」まで、
リベラルの欺瞞と危険性を暴く!
「知の巨人」による思想論。

● 20世紀におけるマルクス主義の経典『獄中ノート』
● リベラルの得意技は“言葉狩り"
● 「生まれながらにして不幸」というフロイトの人間観
● OSS(戦略情報局)による「日本計画」
● 天皇を利用した後に葬る「二段階革命」
● マルキシズムに利用されているアダム・スミスの思想
● 「日本思想」をとらえ損なった丸山学
● 「民主主義」の名で展開された「社会主義」
● 誇りを持って自らの文化に生きる幸せ etc.

日本人にリベラリズムは必要ない。 「リベラル」という破壊思想』(田中英道/著)4月26日発売!

田中 英道たなか ひでみち
  

昭和17年(1942)東京生まれ。文学博士。東北大学名誉教授。フランス、イタリア美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に着目し、精力的な研究を展開している。また日本独自の文化・歴史の重要性を提唱し、日本国史学会の代表を務める。著書に、『日本美術全史』『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(共に講談社)、『新しい日本の歴史』(育鵬社)他多数。

RELATED ARTICLES-関連記事-
  • ベスト新書
  • e
  • a
  • b
  • 道路標識
  • d
  • c
NEW BOOK
エロい昔ばなし研究 『古事記』から『完全なる結婚』まで (ベスト新書)下川 耿史
エロい昔ばなし研究 『古事記』から『完全なる結婚』まで (ベスト新書) 下川 耿史
埼玉 地名の由来を歩く (ベスト新書)谷川 彰英
埼玉 地名の由来を歩く (ベスト新書) 谷川 彰英
野球ノートに書いた甲子園5高校野球ドットコム編集部
野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部
世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行藤山純二郎
世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行 藤山純二郎
「乗せたい距離」を100%乗せるゴルフ (GOLFスピード上達シリーズ)北野正之
「乗せたい距離」を100%乗せるゴルフ (GOLFスピード上達シリーズ) 北野正之
給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書)武田 邦彦
給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) 武田 邦彦
大間違いの織田信長倉山 満
大間違いの織田信長 倉山 満
自律神経が整えば休まなくても絶好調 (ベスト新書)小林 弘幸
自律神経が整えば休まなくても絶好調 (ベスト新書) 小林 弘幸
闘え!高専ロボコン: ロボットにかける青春萱原正嗣
闘え!高専ロボコン: ロボットにかける青春 萱原正嗣
PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法岩政 大樹
PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法 岩政 大樹