アディダス オリジナルスから今年の3月にデビューしたばかりのルーキー・モデル、
その名も〈INIKI(イニキ)〉が、早くも新色を出すらしい。しかもその発売前夜、
原宿に「’70年代」が再現される? と訊いて、早速仕事帰りに立ち寄ってみました!
写真を拡大 夕方まで普通にショップとして営業していた店内が、数時間後には音楽がガンガンに流れるクラブのハコ状態に! 多くの関係者が集まった店内からは’70s風ディスプレイに「懐かしい!」の大合唱。

今夜だけ、表参道の一角で「’70年代」にタイムスリップ!

 ’70年代…生まれてもいない時代に、何だか懐かしさを感じてしまうのは、当時の時代が持つ空気感故なんだろうな…そんなことを思いつつ、不思議なノスタルジーを味わいに、会場内へと足を踏み入れてみるとーー。

写真を拡大 今夜のDJは、MASAYA FANTASISTA氏。普段は「mi adidas」のショップインショップがある一角も、今夜だけは極上のDJスペースに!

爆音で、’70年代J−POP!

 これ、ある年代の人にはたまんないんだろうな〜。事実、店内のあちらこちらで、懐かしの音楽談義もチラホラ。
 おっと、お目当てのスニーカーは…と。

写真を拡大 ストレッチメッシュにスエードのオーバーレイパネル、そして象徴的なジグザグのスリーストライプス。ソックスのようなアッパーにBOOST™のミッドソールを組み合わせ、さらにアウトソールにはガムソールを採用した〈INIKI RUNNER〉。レディスを含めると実に10モデルが同時発売された!

 オーセンティックなレトロフェイスのアッパーとハイテクソールを融合するスタイルは、スニーカー業界全体のトレンドとはいえ、改めて見るとBOOST™とクラシックがこんなにも自然に融け合うとは。もちろんスタンスミスやスーパースターといった歴史あるレガシーに敬意は払いつつも、あえてこの時代に「次のクラシック」を創りだそうという、アディダスさんの攻めの姿勢には頭が下がる思いである。そうだよなー。「懐かしい」だけじゃ、前に進んでいけないもんね!
 でも、やっぱりこういうのは懐かしくて仕方ないわけで…。

写真を拡大 「驚きの豪華賞品が当たる!」ガチャのUFOキャッチャーに編集Hも挑戦。結果は…参加賞のオリジナルピンズ、いただきましたッ!
写真を拡大 こ、これは’70年代にナウなヤングがサ店で夢中になったというインベーダーゲーム! 最近置いてある店もめっきり見なくなったな…。

ひとしきり“ゲーセン”で遊んだあとは、メインアクトのミニライブ。
never young beachの安部勇磨氏が、ギターでハコを揺らしまくる!

写真を拡大 店内に響き渡る、安部氏によるエモーショナルなギターサウンド! イベントの盛り上がりは最高潮に。
写真を拡大 ふと、安部氏の足元をのぞくと、キチンとINIKIを着用。実際に履いているのを見ると、そのシェイプがますますクールな印象。

 かくて大盛況の中、ミニイベントは約2時間で終了。
 一夜だけのタイムスリップを味わった皆さんは、翌朝〈INIKI〉が降り立つ2017年の表参道へと、帰路につくのであったーー。

写真を拡大 ーEVENT DATAー 【adidas Originals「INIKI」ニューモデルローンチパーティー】
Date : 2017.04.19(Wed)20:00〜
Place : adidas Originals Flagship Store Tokyo