山口綾子(やまぐち・あやこ)
1988年12月7日生まれ、石川県出身。製薬会社社員、タクシードライバーを経て怪談師に。趣味は巨大建造物や珍スポット巡りで、お気に入りは牛久大仏。TOKYO MX『ビットガールズ』に準レギュラーで出演するほか、グラビアでも活躍。初イメージで禁断のマシュマロ美巨乳を解禁したDVD『Go STOP』(グラッソ)が好評発売中(写真/山上徳幸)

 やわらかな物腰は、まさしく“大和撫子”の佇まい。そのビジュアルからは想像もつかないが、実は山口さん、怖い話を語って聞かせる「怪談師」なのだ。

「人前で何かを表現することが好きだったのですが、同時に母親から“ホラーの英才教育”を受けていまして(笑)。怪談師のお仕事があると知ったときは『これは運命だ!』と思い、この道を選びました」

怪談DVD『怪談師山口綾子の眠れない怖い話』(リバプール)が全国のローソンで限定発売中。今夏、怪談DVD第2弾が発売予定。

 怪談師の仕事は、実際の恐怖体験をもとにお話をつくり、それを演じる。つまりは取材・脚本執筆・演者などの役回りを1人でこなさなければいけないわけで、なかなかハードだ。山口さんは「いつも家で頭を抱えながら、お話を考えています」と笑う。

「このお仕事をしていると、不思議な体験をすることもあります。ちょうど怪談を披露している最中だったんですけど、閉め切った会場に、いるんですよ…ボロボロのジーンズを履いた、いないはずの誰かが…。スタスタスタスタ、とこっちに近づいてきて、そこで『あ、人間じゃないな』と気づいて…」

 思わず引き込まれてしまう話術。ぜひとも聞いて、震えていただきたい…!