38年間ずっと10円!
通算販売数150億本を突破した超人気駄菓子「うまい棒」

 昭和の人気駄菓子の代表格といえば「うまい棒」だろう。一時のブームに留まらず、駄菓子屋が少なくなった現在も、主戦場をコンビニに変えて存在感を放ってきた。
 本商品がロングセラーになった理由の一つに、多彩な味で飽きさせないという工夫がある。これまで販売したのはなんと52種類。復刻盤を含めれば60超もあるというのだから驚きだ。
 数ある味の中で最も人気を獲得しているものは果たして何なのか……? 今回は2015年、2016年の出荷数で、2年間共通で販売された15種を比較し、うまい棒の人気ベスト5とワースト5をランキング形式で発表する。

人気ベスト5☆

 1位 コーンポタージュ味
 2位 チーズ味
 3位 めんたい味
 4位 やさいサラダ味
 5位 たこ焼き味

 堂々の第1位は「コーンポタージュ味」。2位以下はチーズ味、めんたい味と続いた。ちなみにチーズ味とめんたい味は、発売最初期からある定番の味だ。

定番のコーンポタージュ味。パッケージによると「まろやかでおいしいぞ~!」とのこと。

★ワースト5★

 1位 牛タン塩味
 2位 ピザ味
 3位 なっとう味
 4位 やきとり味
 5位 チキンカレー味

 衝撃のワースト5は以上の通り。出荷数の比較なので、初めて目にする味もあるかもしれない。「一度も食べたことがない」というものがあれば、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

『一個人』2017年5月号より構成〉