三城千咲(みき・ちさき)
1989年11月26日生まれ、宮崎県出身。身長166㎝、B85W58H87。公式インスタグラムやツイッターでは、手話で日常の出来事やレースのことなどを伝えている。全国手話検定2級や普通二輪免許に加えて保育士免許なども持ち、現在は手話通訳士を目指してさらに勉強中(撮影/佐賀章広)

「LEXUS TEAM SARD “KOBELCOGIRLS”」の一員として活動する三城千咲さん。「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15-16」を受賞した逸材である。

「酷寒や猛暑の中でも、いつも笑顔でドライバーさんやスポンサーさんをサポートするんです。虫も多いから、虫刺されも大変で…(笑)」

 華やかに感じる世界だが、実は過酷な仕事。一方で、“手話パフォーマー”という意外な一面を持っている。

「誰かの役に立ちたいなと思ったのがきっかけです。手話というと、暗いイメージを持たれる方が多いですよね。でも、私がグラビアやモデルとして有名になることで、もっと明るく、普通の言葉と同じだという感覚で伝えて、普及させていきたいんです」

 なんとも志が高い三城さん。スタイル抜群のボディの中に優しい心を秘めた美女なのだ。

「今年はモデルやレースクイーンのお仕事だけでなく、手話を活かしたものや演技、歌にも挑戦したいと思っています。応援、よろしくお願いしますね♥」

 手話も交え、笑顔で応えてくれた。活躍の場をどんどん広げていってほしいです!