新アトラクション『ニモ&フレンズ・シーライダー』がオープンした東京ディズニーシーで、2004年に生まれたオリジナルキャラクター「ダッフィー」。現在、ミッキーと人気を二分するほど爆発的な人気を誇り、過去には関連グッズは即日完売したことも。なぜこれほどまでに、人々の心をつかんだのでしょうか。最新刊『思わず話したくなる究極のディズニー』を上梓したディズニーブロガーのみっこさんに、人気の秘密を聞きました。

 東京ディズニーリゾートの人気キャラクターと言えばミッキーマウス。ディズニーに興味がない人でも、その存在は知っているでしょう。

 ダントツの人気を誇るミッキーですが、それと肩を並べるほどのキャラクターが「ダッフィー」です。「ダッフィー」はディズニーが好きな方ならもちろん知っているでしょうし、ディズニーに興味がない方ならまったく知らないかもしれません。年代やディズニーへの興味によって、知名度にばらつきが大きいのもこのキャラクターの特徴でしょう。

 ミッキーがウォルト・ディズニーの手によって生まれたのは1928年11月18日。誕生から90年が経つ今も世界的に愛されるキャラクターです。

 一方、ダッフィーはディズニーのキャラクターですが、ミッキーやその他のディズニーキャラクターのようにアメリカで生まれたのではありません。実は「ダッフィー」として、正式に生まれたのは日本のディズニーテーマパーク・東京ディズニーシーです。2004年の冬にパークに登場してから徐々に人気が高まり、「ミッキーの友達」だというストーリーが後から追加されました。そして今では爆発的な人気を誇るキャラクターとなり、ついには海外のディズニーテーマパークへも進出することになりました。

他のキャラクターには少ない「癒し」が特徴のキャラクター

 ミッキーマウスといえば、歌やダンスはもちろん、ドラムなど楽器の演奏をしたり、ときにはマジックを披露することもあります。ですので「何でもできる多才なキャラクター」と言うイメージがあるでしょう。

ダッフィーは、ミッキーが航海に出る前夜に、ひとりぼっちでさみしくないようにとミニーがつくったテディベア。イラストはテディベアのイメージ。

 対して、ダッフィーやその後に登場したダッフィーの女の子版キャラクター「シェリーメイ」は、さまざまなショーに出演していますが、ミッキーのようにアクティブな姿を見せたりするわけではありません。

 そんな中でも揺るぎない人気の秘密は、「癒し」のキャラクターである事がポイントだと言えるでしょう。ダッフィーには優しい顔つきと愛くるしい表情で多くのゲストを癒してくれる「ヒーリングの効果」があるのではないかと思います。

 そして、ぬいぐるみとして登場した際に、よりキャラクターの魅力が際立ったのも特徴的です。毛並みが長く、肌触りの良い、ふわふわとした触感のぬいぐるみは、実はこのダッフィーが登場するまで東京ディズニーリゾートではほとんど販売されていませんでした。

 もちろん持ち歩けるサイズのぬいぐるみはたくさん販売されていましたが、柔らかい抱き心地のダッフィーのぬいぐるみは、見た目の愛らしさと相まってゲストの心を強く掴んだのかもしれません。

次のページ 子どもよりも大人がハマった