お菓子教室やテーブルコーディネートの研究家で知られる今田美奈子と美内すずえ(画)の共作、『もしもあなたがプリンセスになったら』では、15才の美智子さまに出会った今田美奈子との実際のエピソードが紹介されている。

「お目にかかれて嬉しいわ」

 

 プリンセスの会話について実際の体験談をお伝えしましょう。

 私が15歳の少女の頃のできごとです。両親同士が親しい同年の友人がいて、学校は異なるけど夏休み等には、お互いの家に行ったり来たりして仲良くしていました。あるとき、そのお友だちの軽井沢の別荘に招かれて行きました。ある日の午後同じ軽井沢で過ごされているクラスメートが訪れて紹介されました。間もなく私の友人はお茶の支度をしにキッチンに行ってしまったのです。水からお湯を沸かして整えるまで10分余り、私は生れて初めて会う少女と向き合ったのでした。

 するとその少女はにっこりほほ笑まれて「美奈子ちゃんと言うお名前をきいていたので可愛いお名前の方なので興味をもっていたのよ。お目にかかれて嬉しいわ」とおっしゃったのです。私はすっかり良い気分になり、途端にうちとけたのでした。それにしても当時初対面でそんな会話できる少女など会ったこともありませんでした。

 その日から6年後のある日新聞はその少女の写真と記事で埋めつくされたのでした。皇太子様とご成婚なさると言う女性が、あのとき出会った少女だったのです。

 美智子皇后の独身時代のお話です。民間から初めての皇室入りの女性として果たしてどうなられるのかとさまざまの意見がとびかいました。私は一人、これほどぴったりの女性はなく日本の未来への希望が湧くとともに、さすが帝王教育を受けられた皇太子様(現天皇陛下)でいらっしゃると思ったのでした。プリンセスの会話の実際のお話です。

 初対面の人との会話は台本のないアドリブで初舞台を踏むことです。いかなる相手にも喜んでもらえるのは相手を誉めることです。そして紹介は人生のかけ橋です。未来のプリンセスを紹介して下さったその友人は後に帝国ホテルの社長犬丸一郎氏の夫人として活躍されました。

 (『もしもあなたがプリンセスになったら』より構成)