「一度は天蓋つきのお姫さまベッドで寝てみたい!」模様がえのときにそんな夢を抱いていたのは、あなただけではないはず。お菓子教室やテーブルコーディネートの研究家で知られる今田美奈子と美内すずえ(画)の共作、『もしもあなたがプリンセスになったら』では、フランスで城主生活を送った著者が見聞きした体験をもとに、実際のプリンセスの暮らしが紹介されています。

プリンセスは、天蓋つきのベッドで眠る

 

 プリンセスのベッドは天蓋付きに決っています。装飾用に屋根のように飛び出しているのでベッドカバーは同じもようのシルクの布で覆われています。そして、天蓋もカバーのふちにも絹糸で編まれた組み紐のヘリと玉ころがたくさんぶら下がっているのです。これをポンポンと呼びシルクの布に使われている色彩を合わせて4~5種類の絹糸で編まれる非常に手の込んだ美術品のようなベッドです。

 シルクの組紐のタッセルはヴェルサイユ宮殿でもカーテンのベルトや部屋の飾りにも多く使われています。内側のふとんも掛けぶとんは毛布のみ、シーツで上下とも覆われ、枕元には必ず筒状のクッションがセットされています。全てシルクで紋章がししゅうされています。

 なぜベッドがこうして手間をかけた上質の、しかも華やかであったかと言うとヴェルサイユ宮殿では王は勿論プリンセスもベッドは来客と合う社交の場所であったからです。シルクで上も下も囲まれていると美しいだけでなくあたたかくてここ地良く休めるのです。

 あなたが天蓋付きのベッドで暮らしたいと思うときは天蓋の上に埃がたまるだけでなく窓を開けているときにこうもりが飛び込んできてねころがっていることもあるので気を付けて下さい。

 フランスの名城で、パリの近くのブルイトユ城は現在見学することができます。19世紀の有名な小説家マルセルプルーストが滞在して名作「失われた時を求めて」を書いた部屋には机と共に天蓋付きベッドが今もそのまま残されていて、人間の創造力をかき立てる力を宿していたことが解ります。

 (『もしもあなたがプリンセスになったら』より構成)