扇子で恋の会話を交わせたら、なんてロマンチックなことでしょう。実際のプリンセスたちは、愛する人に扇子で恋のメッセージを送っていました。お菓子教室やテーブルコーディネートの研究家で知られる今田美奈子と美内すずえ(画)の共作、『もしもあなたがプリンセスになったら』では、プリンセスの暮らしが紹介されています。

◆「私はいつもあなたの近くにいたい」を扇言葉で伝えるには?

 

お姫さまと扇ほどぴったりの小道具はありません。薄絹やレースが使われ甘美な香りがこぼれ、優美な宮廷絵巻が描かれている絵扇や、つぼめたままでも、貝や真珠やすかしもようの細工がほどこされた豪華なものまでさまざまあります。東洋のお姫さまたちにも使われていました。

 女性が社交界に参加し、ドレスの絹ずれの音がさざ波のように流れた宮中絵巻きの晩餐は中世、カトリーヌ姫がフランスにお輿し入れしたときからです。このときから扇が必ず持たれましたからルネッサンス時代イタリアからフランスに入り世界中に広まったのでしょう。この扇にはひみつの扇言葉があり、貴婦人たちのたおやかな手で扇が愛の言葉を伝えたとのことです。

 ファッションのアパレルのトップメーカー、イトキン株式会社の故名誉会長辻村金五氏が王朝時代の宮廷社交界を彩った扇子に魅せられて、コレクションをされています。辻村氏が原書で調べた扇言葉を記載させていただくと、次のようになります。

 扇子の先を手でふれると、「私はあなたとお話がしたい」。扇子を数回閉じたり開いたりすると「あなたは冷たい」。右目に閉じた扇子を当てると「あなたといつお会いできますか」。扇子を振りながら開いた扇に触れると「私はいつもあなたの近くにいたい」などなどです。

 こうしたこの上なく優雅なプリンセスの扇はルイ15世時代に頂点に達し、19世紀エリザベート皇妃も活用しナポレオン時代を経て終りを告げたようです。

 (『もしもあなたがプリンセスになったら』より構成)