第7回「曇りのち雨、ときどき文鳥」