島根の「神サバ」グルメに迫る!①
島根「鯖街道」の町・雲南で
こだわりの名人が焼く、
ブラック&ゴールドな絶品「焼き鯖」

文・写真/サバジェンヌ・池田陽子
サバを楽しみ、サバカルチャーを発信し、サバで日本各地との交流をはかることを趣旨に活動し、イベント「鯖ナイト」を実施する「全さば連」(全日本さば連合会)広報担当「サバジェンヌ」。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書は『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)など多数。
■全さば連公式HP→http://all38.com ■池田陽子www.yuruyakuzen.com

★6月18日(日)「鯖ナイトFeat島根県浜田@丸の内」開催!予約受付中。詳細は全さば連HPにて。


 

 山陰地方はサバ食文化が豊かなエリア。島根は統計によると一世帯あたり日本一のサバ消費県。ブランド化はされていないものの、美味しいサバが水揚げされている。そしてなんといっても注目すべきは、島根の「サバ郷土料理」!地域に根差した料理がじつにバラエティー豊か。県内各地でその場所ならではのサバ料理が満喫できるという、さばファン垂涎の地なのだ。しかもサバ料理は海側だけではなく山間部でも楽しめる。今回は島根県の「山さばグルメ」をご紹介!

 県東部に位置し中国山地にほど近い、山間部の雲南(うんなん)市。まわりを見ても山、山、山のこの町を代表す名物は「焼き鯖」。サバをまるごと1本串に刺して焼き上げた豪快な一品だ。だからといって、ハレの料理なわけではない。
 「おかずとしてよく食べますね。昨日も食べました」と雲南市役所の加藤雄二さん。いたって当たり前、というリアクションである。なおかつ、雲南では焼き鯖=「串に刺さった鯖」らしい。なにせ「市外で焼き鯖が切り身だったことに衝撃を受けた」という人がいるほどで、雲南市民にとって「鯖と串」はワンセット。実際、地元スーパーでも串に刺さった焼き鯖が、ごく普通に売り場を埋め尽くしている。なおかつ、この「串はサバの恋人」状態は、島根県内でも「雲南だけ」の局地的な光景らしい。


雲南市内のスーパーにて。串に刺さった焼き鯖がズラリと並ぶ。空が青いように、ごく当たり前な風景


 なにゆえ、山の中で鯖なのか? それはかつての流通事情にある。市内の木次(きすき)、三刀屋(みとや)地区は、出雲地方と広島を結ぶ、交通の要衝として栄えてきた。日本海沖で水揚げされたサバもこの道を運ばれたが、さすがにここ、奥出雲のあたりが生魚の限界点。そこで商人たちが、保存のために焼き鯖にしてさらに奥地へ、そして広島方面まで運んでいったらしい。鯖の道といえば、福井県若狭地方から京都へと向かう「鯖街道」で知られているが、島根にも「鯖街道」があったのだ。
 かくして雲南の郷土料理として定着した「焼き鯖」。鮮魚店で販売されるのがスタンダードだったが、「最近はお魚屋さんが減ったので」(加藤さん)販売する店が減っているらしい。
 そんななか、焼き鯖ひとすじ33年を誇るのが三刀屋地区にある「藤原鮮魚店」。その名の通り、もともとは「鮮魚店」だったが、いまや、潔く「焼き鯖1本」で勝負。

藤原鮮魚店は、広島へと続く国道54号線沿いにある。古くは、広島へと運ばれて愛された焼き鯖。いまも休日に大挙して買い付けていくのは「広島県民」らしい。