札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!
【評者の採点】

今日のコーデは…
75点!!(100点中)

「ウエアのシンプルさは及第点…しかし!
 足元だって、結構重要なんです…」

藤谷 幹くん・東京
(21歳) 東海大学 身長174cm

すっごくお気に入りのスニーカーができると、ボロボロになるまで履き続けてしまう…今でこそ仕事上、新作が出ると取っ替え引っ替え履き替えるのが当たり前になっているけど、それがなければ多分、今でもそうしていると思う。だから気持ちは分かる…でもね、大人になると、TPOってやつがありまして、どうしても足元を見られるんです。ジーンズとかと違って、どんなヴィンテージモデルを履いていてもボロボロのスニーカーっていうことだけで、清潔感ガー!とかいい歳した大人ガー!とか、言われるんですよ。まあ、だからね、今のうちからスニーカーは綺麗なものを!という老婆心です(クタクタ感=アジが許されるのは、オールスターなど一部のモデルのみなんです)。トップスからパンツにかけてのスタイリングはうまくまとまっているので、だからこそ足元は、ちょっとハイテクを入れるなど、アクセントがあると◎です!

スキニーパンツ約4000円/grn
スニーカー約5000円/アドミラル
リュック約6000円/DAKINE

写真を拡大 アドミラルのシャープなスニーカーは渋めの配色がアジ…なだけにもう少しクリーンさが欲しいところ。この場合、パンツに対し反対色を持ってくるとより◎ですよ。
写真を拡大 トーナルで合わせた〈DAKINE〉のバックパック。全体のスタイリングをミニマルに見せる意味で、この合わせはいい感じ。トップスのグリーンにもうまくなじんでいます。

※本日のスナップ評者※

SNEAKERPUMP
三度の飯よりスニーカーを愛す男。しかし愛しすぎて履けない、汚したくない、崩したくない!自分で履けないぶん、足元観察がストレス解消法とか。合掌。