そろそろ夏も本番!と言うことで、今月はスパイクのふたりが人気BBQ場サイト「デジキュー」へ行ってきました!女子が思わずキュンとしちゃう、男子の仕草や香りを徹底的に語ってもらいました!

 

今回のテーマは…
『夏に理想の告白のされ方』について

夏は恋の季節!夏目前の今こそ、恋人をGETしてお祭りや旅行なんかに繰り出したい人が多いと思いますが、女子的にはどんな告白のされ方なら思わずOKをしてしまうでしょうか?

松浦 夏のシチュエーションでの告白ですよね。いわゆる夜景を見ながらとか、花火大会とか、マンガのようなシチュエーションで告白する人っているんですかね?

小川 ははは。熱海とかの大きな花火大会でよく見かけるのが、場内アナウンスでの愛の言葉ですね。花火がバンバン打ちあがっている最中に、依頼しておいた原稿を読み上げてくれるシステムがあるようで、係りのおじさんがアナウンスで「あやちゃん、結婚しよ~!」とか、読み上げていらっしゃいますよ。そういうのは、ロマンチックかも。

松浦 頑張ってくれている感じは伝わるね。

小川 ほんと1回行くと、10件くらい「いつもありがとー!愛してるよー!」とか聞こえてきます。おじさんの棒読みで(笑)。

松浦 今のを聞いていて思うのは、サプライズをするならとことん凝ってほしいですね。中途半端だとリアクションがとりにくくて恥ずかしい。

中途半端なサプライズって例えば?

松浦 例えば、ただ単に海を眺めてかっこつけて、「好きなんだけど」って言われるのはあんまり。

え!一番スタンダードだと思いますが…。

松浦 うーん、こそばゆくなってしまうと言うか。それなら浜辺に「スキ」とか書いてくれた方が、笑っちゃうと思うけど嬉しいですね。

小川 海もいいけど、夏のイベントで告白するならあまり遠出でなくてもいいと思うんです。だから近場のお祭りとかで、すごい人ごみの中ぎゅーぎゅーで急接近するから、その帰り道とかに…かなぁ~?二人でお祭りとか花火行けるなら、すでに成功率高い気もしますが。

なるほど。シチュエーションも大切ですが、タイミングも重要かな、と思います。例えば、花火大会のときに告白するなら、いつがいいでしょうか?

小川 終わった後!

松浦 それめっちゃ駅とか混んでるよね。

小川 待とうか(笑)

松浦 嫌だよ!何時間待つの?(笑)。終電来ちゃうよー。花火大会は本当に混んでて、浴衣着て行っても暑いし、着崩れしちゃうし…。終わった後へとへとになっちゃうもんね。だったら、やってる最中に読み上げてもらう方がいいかも。

小川 え、でも相手のことを何とも思っていないのに、突然「暖奈、好きだー」って読み上げられたら、困っちゃわない?

両想いじゃなかったら、そこで断らなくちゃいけないし、帰らないといけなくなっちゃいますもんね。

小川 人ごみを避けて、もう一つの駅に行こうって言ってもらうのがいいかな。ロマンチックさをひきずりつつ…。

松浦 なんかお互いが両想いになっている感じの告白じゃないと成立しにくいですね。

他のシチュエーションではどうですか?