「本好き」は、どうやって「本」を探し、何を求めているのか。BEST T!MES編集部では本のさらなる可能性をさぐるべく、「本好き」500人にアンケートを行った。その結果をレポートする。

 書店で本を手に取り、レジに並ぶ。オンラインでの購入なら、カートに入れる。読書の楽しみは、本を選ぶその瞬間から始まるといっていい。では、本好きたちは、世の中の多く書籍のなかからどのように選んでいるのか? 今回、本好き500人(男性316人、女性184人)を対象に「本を買うキッカケ」「どんな本を読みたいか」についてアンケートを行った。結果は下記の通り。

※「本好き」の定義は1年間に20冊以上本を買う人

Q.本を買うキッカケで一番多いのはなんですか?

 

「好きな著者だから」215票/43%

「書店で見かけて」147票/29.4%

「TV・雑誌・ラジオで紹介されているから」36票/7.2%

「ネットニュース・SNSで知って」20票/4%

「知り合いに薦められて」7票/1.4%

 最も多かったのは「好きな著者だから」という理由で、215票を集め、全体の43%を占めた。おそらく、この結果には多くの人が共感できるのではないだろうか。

 逆に意外だったのは、「TV・雑誌・ラジオで紹介されているから」がわずか36票、全体の7.2%の支持しか集めなかったことだ。『王様のブランチ』(TBS系)、『めざましテレビ』(フジテレビ系)など、人気番組で取り上げられたことでベストセラーになる本は多い。大手書店にはテレビで取り上げられた本を平積みするコーナーを設けるところも少なくない。ところが、こと本好きに限れば、テレビで紹介された本を買う人は少数派のようだ。

 同じような傾向は、次のアンケート結果にも見て取れる。

次のページ 感情を揺さぶれ!