数々の男女の出会いから結婚までを見てきた恋愛アナリストが、女性側の視点から「モテる男になるための考え方と行動」を理論的かつ具体的にレクチャーします。30代・40代男性必見!

 こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。早くも夏のように暑い日々が続く今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 

 個人的には、夏フェスの出演アーティストが続々と発表され始め、どれに参戦しようかとワクワクするシーズンです。そして夏フェスといえばロック。ロックといえばバンドマン。去年は夏フェスで良い香りがする男性にいかに癒やされたかを力説しましたが、今年は違う視点から語ります。

 皆さん、バンドマンはなぜモテるのか、考えたことがあるでしょうか?

 大物ロックミュージシャンに「なぜギターを始めたのか?」「なぜバンドを始めたのか?」と聞くと、99%の確率で「モテたかったから」という答えが返って来ますよね。

 もちろん長く続けるには音楽が好きでなければ無理でしょう。でも、ほとんどの男性にとって、最初のきっかけはそこ。それくらい、バンドやってるとこんなにモテる!と実感する例を男性は目の当たりにしているということです。

 確かにバンドマンはモテます。この理由についてガッツリ分析し始めると、1回分の記事では終わらなさそう&このコラムの趣旨から外れそうなので、女性と恋愛したい皆さんに参考にしてほしい部分だけ言います。

 バンドマンの強み、それは「自分が一番輝いている瞬間を、一度にたくさんの女性に見てもらえる」ことです!

 人には、それぞれ輝いている瞬間があります。男性の場合、特に多くの女性の胸をときめかせるのは、「何かに真剣に打ち込んでいる姿」です。

 といっても、ただ真剣なだけでは近寄りがたいとか怖いなどと思わせてしまう危険もあります。ところがバンドマンの場合、好きなことを仕事にしているため「楽しそう」な表情も見せることが多く、魅力的な印象になりやすいのです。

バンドマンの「モテ」は桁も効率も格段に違う

 そして、ある程度の客を集めるバンドになると、ライブで大勢の人が彼に尊敬や陶酔の眼差しを向け、熱狂します。ここ重要。「彼はこんなにもたくさんの人を夢中にさせるんだ!」と女性に実感させるからです。

 多くの男性にとって、相手を恋愛対象として見るか見ないかは「自分がどう感じるか」で決まります。周りの評価よりも、自分にとって好みのタイプであることが何百倍も大切です。
 しかし女性は違います。「この人は周りからどう評価されているか」、つまり社会での立ち位置を気にします。大勢の人を注目させる男性=魅力的な男性、という印象に直結しやすいのです。これは女性の生存本能が影響している部分が大きいでしょう。個人差はありますが、少なくとも子供を産んで家庭を育みたいという欲求を持つ女性にとっては、男性の持つ人気や知名度は、快適な暮らしを保証し自分を守ってくれるパワーとして映るからです。

 つまりバンドマンは、ライブという主戦場で仕事をすることが、そのまま「真剣かつ楽しそう」な姿で女性の恋心を刺激し、「大勢の人を熱狂させる」光景となって男としてのパワーを見せつけることに繋がるのです。それを一度のライブで何百人、何千人、何万人の女性に体験させるのですから、一般人のモテとは桁も効率も違います。超スーパーモテ人生です。

 といっても、これは成功したバンドマンの話であって、そんなバンドは全体のうち、ほんの一握り。しかし、そこまで成功していなくても、バンドマンはモテます。少なくともバンドをやらないよりはモテているケースが多いはず。なぜなら、前述した「真剣かつ楽しそう」な姿を不特定多数の女性に披露する機会があるからです。