札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!
【評者の採点】

今日のコーデは…
90点!!(100点中)

「ミニマルさが今っぽい…のはもちろん
 足元のスニーカーに、みんな注目〜!!」

竹内勇也くん・東京
(22歳) 美容師アシスタント 身長163cm

4月に華々しくオープンしたGINZA SIX。7店舗目となる「CONVERSE TOKYO」も目玉店舗として入っているんですが、早速そこで限定モノをゲットしたスニーカー賢者を見つけましたよ〜! うーん、PUMPの大好物! 一見普通の白スニーカーに見えますが、こちらは〈AVANT CONVERSE〉名義で発売されている、イタリアンレザー製のオールスター。著名デザイナーのアルベール・エルバス氏によるプロデュースということで、全体に得も言われぬ気品がただよっておりますなあ…。まあもはやこのスニーカーを選んだだけで80点はあげたいのですが、残りの加点はちょいドレープ感のある無地Tレイヤードですね。ミニマルって結局のところ着こなす人次第なわけで、彼自身がどういうスタイルを志向したいかは、この足元に象徴されていると思います!

Tシャツ約2万円/トローヴ
中に着たTシャツ/無印良品
チノパン約5000円/H&M
スニーカー約3万円/AVANT CONVERSE
バッグ約2万円/ポーター
時計約2万円/G-SHOCK

写真を拡大 写真ではなかなか確認できないが、外甲部分には「ALBER」と、デザイナーのアルベール氏のサインが刻印されている。本格レザーならではの上質な白が、ミニマルなスタイルを引き立ててくれますなあ。 ​
写真を拡大 こちらはちょいと珍しい、ブラックデニム生地を用いたポーターのトートバッグ。どことなく武骨さを感じさせる風合いで、スタイルの引き締め役にいいアジ出してます。
写真を拡大 シンプルなトーンのスタイルに、ひときわ映えるゴールドの〈G-SHOCK〉。ボリューミィなアクセントなのはもちろん、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出すことにも成功しているんじゃないでしょーか!

※本日のスナップ評者※

SNEAKERPUMP
三度の飯よりスニーカーを愛す男。しかし愛しすぎて履けない、汚したくない、崩したくない!自分で履けないぶん、足元観察がストレス解消法とか。合掌。