東京ディズニーリゾートの楽しみといえば、アトラクションやショーだけだと思っていませんか? しかし、十数年パークに通うディズニーブロガーのみっこさんは、「アトラクションやショーの魅力はもちろんですが、ふとした光景に隠れているこだわりを見つけるとパークで味わえる感動は何倍にもなる」と言います。最新刊『思わす話したくなる究極のディズニー』より、パークの非常時にまつわるエピソードを紹介します。

◆ゲストから見えない場所に救急車と消防車が常駐している

 多くのゲストが集まるパークはどんな緊急事態が生じるかわかりません。そのため、パーク内に「総合防災監視センター」が設置されており、消防車と救急車が常駐しています。

 これはパークを運営する株式会社オリエンタルランドが、ディズニーリゾート内で火災等が発生した時や傷病人が出た時に備えて、迅速な消火活動や救助を行うために配備しているもの。

 消防車、救急車は普段はゲストから見えないバックヤードにいますが、非常時にはパーク内外に出てきたり、近辺を移動している姿を見ることもあります。

 大規模な放水作業をともなうような火災は過去にありませんが、ランドの「スイスファミリー・ツリーハウス」で小火(ぼや)が発生(2008年1月)したり、シーの「エンポーリオ」で小火が発生(2012年6月)、またマーメイドラグーンで小火が発生(2017年2月)したことがあります。

 迅速な対応と十分な備えのおかげで、いずれもけが人が出るような規模にはいたっていません。ちなみに、これらの車両は自治体が所有するものではないため、消防車と救急車なのに、車体の脇に「東京ディズニーリゾート」や「Oriental Land Co. Ltd.」のマークが入っています。普段はパーク内のゲストからは一切見えませんので、見かけることはかなりまれだと思います。

 もちろんこれらにお世話にならないことが一番ですが、多くの人々が集まる巨大テーマパークには備えがしっかり整えられているのです。
ディズニーシーで最大7つの人気アトラクションに乗れる黄金ルートが判明?

次のページ 救急ストレッチャーや車椅子があちこちにある