「閣下」の愛称でおなじみの田母神俊雄は2016年4月14日に逮捕され、厳しい取り調べを受け、東京拘置所で169日間勾留された。その時に田母神がメモした論考が熟成され、最新刊『日本の敵』(KKベストセラーズ)で著された。閣下は獄舎で何を思ったのか。獄中ノートとともに掲載する。

「日本と日本人への思い」のために
 記された獄中ノート

「これは、国家権力(司法)による国策捜査だったのかもしれない」と田母神の口が重く開いた。

次のページ 田母神は何を語るのか?