「閣下」の愛称でおなじみの田母神俊雄は2016年4月14日に逮捕され、厳しい取り調べを受け、東京拘置所で169日間勾留された。その時に田母神がメモし、熟成された論考が、最新刊『日本の敵』(KKベストセラーズ)著された。閣下は獄舎で何を思ったのか。獄中ノートとともに掲載する。

安倍総理も新自由主義に冒されたのだろうか

 

 日本中を席巻した小泉改革。今から約15年前の小泉純一郎・竹中平蔵コンビによる構造改革。
 これは、私たちが「身を切ってまさに血を流して痛みを知った」グローバリズム(アメリカ型資本主義の世界一元化)の典型だった。

 ワンフレーズの劇場型政治により多くの国民の支持を集めたことは記憶に新しい。田母神は皮肉を込めてこう語る。
「自民党をぶっ壊す!と叫んだ小泉さんだけど、アメリカの要望をそのままゴリ押しされ、日本社会の良かったところまで本当にぶっ壊してしまった」

 最大の皮肉は、小泉政権を支えた国民が、結果的に(!)、政権によって刃を向けられ、「イジメ抜かれた」ことだろう。終身雇用制は終わり、非正規雇用が当たり前になり、今や「格差」や「貧困」で苦しむ国民が増えている。田母神は続けた。
「会社は株主のものだ、なんて日本社会にはなじまない。会社は働く社員のもので日本的経営は成り立ってきたんだ。それは、古くからの日本の文化がそうさせたものだったはずだ」と。

次のページ 日本の良い価値観を守れるか?