札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットもチェック!

 

【評者の採点】
今日のコーデは…
64点!!(100点中)

「アイテムのセレクトが合理的よね」

秋元和生くん
(22歳) 技術職 身長168cm

一足早いショーツスタイルに私も色めき立っちゃって、思わずアクティブな写真を選んでしまったわ。結構スネ、キレイね。

一見ショーツに白Tを合わせただけの無難ちゃんに見えるんだけど、よく見るとこなれて見えるのはそのサイズ感とブランド選びにあると思うわ。
コシの強そうなへヴィウェイトTは、やや肩落ちぐらいの大人なサイジング。Tシャツのハリがある分、子供っぽくだらしなくなったりしないしパツパツで乳首浮き!なんて悲惨な目にも会わない絶妙なところよね。
ショーツも膝上をキープ! 今季風に決めるならガウチョに近い太め膝下も有りなんでしょうけど、アレが似合うのはごく一部の天上人だけよ。やや膨らみのあるシルエットがTシャツのサイズ感ともばっちりね!

そして、さり気なくも統一感出しに一役買っているのが、〈カーハート WIP〉〈ティンバーランド〉〈ウィルダネス〉のワーク&アウトドア縛り。テイストが遠くない3ブランドだからこそ、シンプルなコーデの中で輪を乱さずきっちりまとまっているのね。

フツーに見えて、実はヤル男。
まさに技術者の鏡のようなメンズね!

ちなみに、この記事が上がっている頃、私は名古屋でSNAPをしているはずよ。
栄のパルコ周辺にいるから、探してご覧なさい!!

Tシャツ約4000円/カーハート WIP
スニーカー約1万1000円/ティンバーランド
バッグ約1万円/ウィルダネスエクスペリエンス
時計約3万円/ニクソン

実は陰の立役者。手の甲に当たらない4時イチのリューズや視認性の高いインデックスに合理性を感じるわね。ラフなコーデをかっちりとまとめているわ。
日本製で1万円って、何度聞いてもありえないコスパよね。このバックパックはレザーパーツも全てブラックで統一されているから、使い勝手も満点ね。
履きやすさもいいんでしょうけど、今見るとこのボッテリ感が新鮮だわ。カバーソックスはもうちょっと中にしまいなさい!

 

 

※本日のスナップ評者※

アンニュイ村上
ひと月の給料のほとんどをファッションにつぎ込む浪費家。特にブランドに敏感で、クリーンでモード風な着こなしを好む。所作、好みがいちいち女子っぽくオネエ疑惑もあり。内臓脂肪の増加が懸念される。