日本以外の国でも、書籍の売り上げが10年以上も減り続ける状況から抜け出せない「出版不況」や、電子書籍の登場とスマホの台頭で紙の本が売れなくなっているという事実はあるのだろうか? アマゾンのリアル書店の出現に、全米の街角の本屋さんはどう対応しているのだろうか? 本屋に人が集まっているのだろうか? 世界の出版事情に詳しい大原ケイ氏の寄稿。

データから読み解く世界の書籍市場

 

 まずデータから、世界の書籍市場の「今」をのぞいてみたい。今春ロンドンで行われたブックフェアで、書籍のPOSデータを集計した「ブックスキャン」を61カ国で提供するニールセンが、2016年の統計を発表した。

 それを見ると、英語圏の中枢をなすアメリカとイギリスでは、Eブック(電子書籍)の勢いが衰えた分、紙の本の売り上げが盛り返していることがわかった。その一方でスペイン、イタリアといったEU負債国では減少している。このことから推察されるのは、紙の書籍の総売上に影響を与えるのはEブックの台頭よりも、その国の経済状態が大きいということだ。事実これまで飛躍していたブラジルも2016年にはガクンと落ちた数字になっているし、アイルランドは逆に10%近く増えた。

 ただEブックの売り上げが落ちてきたとはいえ、出版社を通さないセルフ・パブリッシングの本は相変わらず増えているし、キンドルやヌックといった電子書籍専用のデバイスでの売り上げが減っている一方で、スマホやタブレットでの売り上げは増えている。

次のページ 電子書籍大国アメリカは?