「最近カラダがたるんできたし、ちょっと筋トレでもしてみようかな」
なんて思うことはよくあるもの。でも意外とわかっていないのが筋トレの常識。
やみくもに鍛えればいいというものではないのです。
カラダだけでなく、頭もスマートに。しかっかりとお勉強して効率的なトレーニング方法を習得しましょう。

 多くの人が勘違いしているのが、「トレーニングは毎日やらないと効かないんじゃないか」ということです。

 

 結論からいいましょう。筋トレは各部位ごとに週2回行うのがもっとも効果的です。
 逆にやり過ぎは無駄になってしまいます。

 こう語るのは東京大学大学院博士課程に在籍。「研究」と「現場」をつなげるハイブリッドトレーナーとして活躍する比嘉一雄氏。
著書の『痩せる筋トレ 痩せない筋トレ』より、正しい筋トレの方法について語っていただいた。

 これはトレーニングの頻度を1週間に「1回」、「2回」、「3回」、そして「2週間に1回」の各グループに分け、3ヵ月後に筋力の割合を計測した実験結果です(Graves et al.JE 1990より)。
 1週間に2回のグループの成果を100%とするとこのようになります。

 

・1週間に2回のグループの成果を100%とする。
・1週間に1回のグループ=約35%
・1週間に3回のグループ=約70%
・2週間に1回のグループ=約5%

(Graves et al.JE 1990より)

 

 ここから判断しても、「トレーニングは毎日やらないと効かない」という勘違い、「根性が体を強くする」という考え方は捨ててください。筋肉は休息も与えてあげないと、大きくすることはできません。

 筋肉は筋トレの刺激によって、(積極的に)分解され、修復の過程でさらに太く強くなります。その修復期間を取るためにも休ませることが必要なのです。
 そして、修復されたときに、もう一度さらなる刺激を筋肉に与えてあげると、さらに成長が促されるので効率がいいのです。これを「超回復」といい、人によって違いますが、だいたい36~48時間の間隔をあけたほうがいいといわれています。

 なるほど、効率的に筋肉をつけるのには、休息が大事ということですね。たしかに仕事だって残業続きのビジネスマンがいいパフォーマンスを発揮できるとは思えません。
 きっちりと休養をとって、デキル男の筋トレをいたしましょう。