札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大クリックでバックショットをチェック!
 
【評者の採点】 
 今日のコーデは…

88点(100点満点中)

「レトロな味付けを極めた
 新世代ファッショニスタ」

永野龍哉くん・東京
(21歳) 大学生 身長174 cm

おいおい、先週は90年代を通り越して80年代ブームかよ!ってツッコんだはずだぜ。でもさ、永野クンのコーデを見てると、もっと遡って60〜70年代じゃないの。とはいえ、ブラボーはこのコーデ嫌いじゃないぜ。何しろオープンカラーシャツが男を感じさせるからね。ユーズドのジーンズもいい味出してるし、なによりシルエットが秀逸だよね。細身の体型を活かしてすっきりとまとめてる。あとね、色の統一感。うまいよ彼は。濃淡のあるネイビーを軸に、ところどころにホワイトを挿して、メリハリをつけてるんだな。ホントの上級者だね。恐れ入ったよ。最近の若者はレベルが高いね。来週も楽しみだぜ。でも今度は50年代ファッションなんてやめてくれよ。

シャツ約2000円/H&M
Tシャツ約1000円/ヘインズ
パンツ約9000円/古着
シューズ約1万9000円/クレマン
バッグ約900円/ノーブランド
腕時計約1000円/カシオ

 
写真を拡大 シューズはクレマン。このブランド、お値段は手頃でいいもん作るよね。光沢感がウエアのスタイリングとマッチしてるな。
写真を拡大 腕時計はチープカシオ。レトロな趣が、70’sなイキフンを高めてるね。
写真を拡大 このラフさが彼のセンスの良さなんだよな。普通だったらレザーのクラッチとか持ちそうじゃん。

 
※本日のスナップ評者※
 


ブラボー松野
アラフォーなのに、マインドは20歳のまま。最近は年相応に生きてみたいと思っているらしい。