「今さら聞けない」ニュースのキーワードについて、「分からないことはなんでも聞いちゃう」いまドキの社会人、トオルくんとシズカちゃんが第一人者の先生たちに話を聞いていきます。
第一回まとめ~
・ミサイルを除いた北朝鮮の軍事力は大したものではない。「特殊部隊」も実態は「軽歩兵」。
・ミサイルで実戦配備されているものは、代表的なものでノドン、スカッドER。馴染みのある「ムスダン」や「テポドン」は戦力外と考えていい。
・「北極星1」と「北極星2」というミサイルの実験に成功した。「北極星2」は射程は1200km以上。日本列島の大部分が覆われる!
→北朝鮮の特殊部隊、恐るるに足らず。しかしミサイルは日本を「完全に射程圏内」

●北朝鮮はすでに核ミサイル開発に成功している可能性が高い

トオル…そういえば北朝鮮って核実験もよく行っていますよね?

黒井(黒井文太郎:軍事ジャーナリスト)…そうですね。核爆弾をノドンなどのミサイルの弾頭に積めば、いわゆる「核ミサイル」となります。もし北朝鮮が核実験に成功し、核弾頭を搭載したミサイルを持っていると、それはすなわち日本にとっての本当の脅威となります。

シズカ…実験はやっているけど、日本政府を始め、アメリカや韓国は「(核ミサイルは)できていない」というスタンスを取っていますよね。その背景には「北朝鮮との交渉を有利に進めたい」という狙いがあるのかな。

トオル…そんな外交上の「メンツ」を気にせず、国民にリアルな情報を知らせてほしい!

シズカ…その通りだわ。実際にはどうなんでしょう?

黒井…私を含め、専門家たちの間では「北朝鮮はすでに核ミサイル開発に成功している可能性が高い」という見解が多いです。その理由は2つ。北朝鮮は去年の1月に4回目の核実験を行いましたが、その実験以降「核ミサイルの技術を確立した!」と大々的に発表するようになりました。

シズカ…あれ? 昔から言っていたんじゃないかしら。

黒井…3回目の核実験の際にも宣言していましたが、当時は慎ましやかでした。ですが、今回はトーンがまったく違います。北朝鮮は大げさに言うことは多いですが、軍事面ではまったくの嘘を言うことはあまりありません。さらに、悪い知らせがもう一つあります。

トオル…もう勘弁してください!

シズカ…キャー!

黒井…米韓軍は北朝鮮との有事を想定した作戦計画を作っていますが、一昨年作られた新たな作戦計画は「北朝鮮が核ミサイルを持っている」ことを前提としたものになりました。具体的には「北朝鮮が攻めてきたらどうするか」から「北朝鮮がミサイルを打つ兆候があればどう先制攻撃するか」と具体的な作戦に変わってきています。最新の北朝鮮情報を持っているはずの米韓軍当局が、北朝鮮の核ミサイル武装を現実のものと考えているわけです。