イラスト/フォトライブラリー
『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 癪(しゃく)は、胸部や腹部におこる激痛の通俗的総称で、女に多い。「さしこみ」ともいう。
 医学の水準が低かった江戸時代、癪に対する有効な治療法や薬はなかった。
『怪談老の杖』に、つぎのような話がある。

 元文(1736~41)のころ、中橋に上州屋という質・両替屋があった。上州屋の主人の作右衛門にはお吉という娘がいて、なかなかの美人だったが強い癪があり、しばしば苦悶のあまり卒倒してしまうほどである。
 たまたま高崎(群馬県高崎市)に住む伯父が商用で江戸に出てきて、上州屋に立ち寄った。
「そろそろ年ごろなのに、このままでは嫁入りもかないますまい。温泉で湯治をさせればよくなるかもしれませぬ」
 作右衛門は伯父に頼み、娘を伊香保温泉で湯治させることにした。伯父はこころよく引き受け、お吉と付き添いの下女ひとりをともない、いったん高崎に帰った。宿泊用の寝具や着替えの衣類、食料などを用意し、馬を一頭雇って荷物を積み、三人はあらためて伊香保に向かった。

 伊香保温泉で宿をきめ、湯治を始めるとお吉の体調はよくなった。
 同じ宿に、越谷(埼玉県越谷市)あたりの藤七という男がひとりで湯治に来ていた。藤七はお吉に目を付けたが、伯父と下女がいるため手を出すことはできない。そこで、如才なく伯父に取り入り、すっかり親しくなったが、江戸育ちのお吉は藤七を田舎者と馬鹿にし、歯牙にもかけていなかった。
 湯治を始めてからは癪もおきないため、伯父は安心して、「店が気になるのでいったん帰るが、二、三日すれば戻ってくる」と、高崎に戻ることになった。その際、すっかり藤七を信用していたため、「くれぐれも姪をよろしく」と、お吉のことを頼んだ。

次のページ 待ちに待った機会が訪れ、藤七は……