「化粧だけ~では~ 隠しきれ~ない~ 今の私は~豊洲の女~」

「抱いちまえ!悪魔がそそのかしたとき やっちまえ!悪魔がそそのかしたとき ためらうオレも 逆賊さ~」

安倍内閣の支持率がついに36%に急落(毎日新聞)。森友・加計学園問題がまったく収まる気配のない状況下で稲田朋美防衛大臣はまた妄言を繰り返した!じつに安倍内閣は総バッシングの渦中にある。

そんな折、巷を賑わしている歌がある。タイトルは『豊洲の女』、そしてカップリング曲の『逆賊ブルース』。

いま、スポーツ紙や夕刊紙、ネットニュースで話題が沸騰中だ。

いったい誰が歌っているのか? 

「豊洲の女」とは小池百合子のことなのか? 

「逆賊」は、あのヤバい政治家のことなのか?

さまざまな憶測が流れるなか、歌手三沢カヅチカ氏と哲学者で作詞家の適菜収氏の対談が実現。

歌詞に込められた思いはなにか?

対談は橋下徹、石原慎太郎の「人間性」からアノ政治家の「逆賊っぷり」にまで広がった。

対談第3回では、いまだ森友・加計学園問題に揺れる安倍政権の諸悪の根源を炙り出す。

安倍首相の大罪は「言葉の信頼性」をこれほどまでに崩壊してしまったことだろう。しかし、そんな男を首相に担ぎ支持した一般大衆に最大の責任があることを自覚している人間はどれだけいるのだろうか?

 

 

 

「逆賊ブルース」が意味すること

 

適菜 「逆賊ブルース」は「逆賊の政治家とその側近」の関係をイメージしてつくりました。ロックの歌詞は政治的なものを匂わせるというか、暗喩するものが結構ありますよね。言葉の言い換えはなかなか面白い。私は替え歌をよく作っているんです。

三沢 なるほど、そんな具体的なストーリーがあったんですね。

適菜 この前作ったのは、RCサクセクションの「雨上がりの夜空に」の替え歌で「安倍上がりの夜空に」。「この安倍にやられて日本はイカれちまった」と。

三沢 ははは。ただ、恥ずかしながら、僕たちから見てるとそこまでクッキリわからないんですよね。とはいえ、民間大臣として橋下徹さんを使うという話も出てきてるという話を聞くと、ドン引きしてしまいます。

適菜 三沢さんみたいに関西でサラリーマンをやっている人でもそう思われるんですね。

三沢 関西にはいろんな人がいますが、こういう感覚はとても代表的、一般的なものの一つじゃないかと思います。特に女性にしてみれば、奥さんの妊娠中に「コスプレ不倫」をされていたという例のスキャンダル以来、橋下さんのイメージはすこぶる悪いようです。

適菜 なるほど。

三沢 だから橋下入閣は、かえって支持率を下げる要素にもなると思います。ただ彼に限らず世の中にはいろいろな売国奴がいるのは動かしがたい事実ですよね。言われてみれば確かに、「逆賊ブルース」の歌詞からは、しょうもない女にたぶらかされた男の悲哀みたいなものも感じられます。逆賊って例えばどんな奴ですか?

適菜 要するに御上、帝に反している人たちですね。

三沢 錦の御旗に反してる人々……。