訪れたくない都市ナンバー1の名古屋はこれからどうすればよいのか。『日本の異界 名古屋』(ベスト新書)では、名古屋は変わる必要がない、と清水義範が声を大にして語る。

◆魅力度最下位、名古屋のこれから

〝日本の異界〟名古屋はこの先どうなっていけばいいのか。

 このままでいいのだ、が私の答えである。変えなきゃいけない不都合な点は一つもないのだから。

 他の地方の人が訪問したくない街ナンバー1に選んでいるとは言っても、名古屋が、来てほしくないと思っているのだから、なんの痛痒もないのである。名古屋は名古屋人だけで、本音丸出しで、ツレと助けあって、得するようにぬくぬくと生活していて、この上なく居心地がいいのだ。生きやすいところだというのは最大の魅力ではないか。

 その点、ほかの都市のほうが無理があってどこかいびつである。

 訪問意向指数の高い順に見ていくが、京都だってどこか不自然である。

「本当は日本の都なんどすえ」

 なんて言われても全くピンとこない。観光客で賑わっているだけの街ではないか。

 札幌は、北の中心都市だと言うのかもしれないが、北すぎて伝わってくるものがない。

 横浜は、実は東京23区よりファッショナブルで格好いいんだよ、と思っている様子だが、その実力は見えない。

 東京23区は、全国から田舎者が集まってきて、どこに住んで、どう暮らせば豊かなのかと焦ってとち狂っているところである。

 神戸は、大阪よりセンスがあってしっとりしてまっせ、と思っているらしいが、その気取りに無理がある。

 福岡は、意外に国際的な都市なのに、とっつきやすい、が売りだが、少しつんのめっている。

 大阪は、とにかく東京がなんぼのもんじゃと感じて気張っているが、あまりにもなれあいすぎている。

 そんなふうに並べてみると、行く気のまったくしない街名古屋が、どこより住みやすい街だと気がつくのである。

 大いなる田舎と言われても、それが居心地のよさなのだから、気にすることはない。むしろ、偉大なる田舎と呼んでほしいほどだ。

名古屋が第三の地域となった理由は、『日本の異界 名古屋』(ベスト新書)で詳しく説明されている。