J1通算140試合連続フル出場――39歳で打ち立てた金字塔。

5万部突破のベストセラー
中澤佑二を奮い立たせた「自分を動かす言葉」とは?

写真をクリックすると購入ページに飛びます
「練習生がテーピング? ジョーダンじゃないよ!」(ラモス瑠偉)
「サッカーと違って、バスケってまだそんなにメジャーじゃないし、僕は日本のバスケ界を変えたいんですよ」(田臥勇太)
「なんでキャプテンやらないの?」(中村俊輔)
「タバコは今日はダメだぞ。吸いたかったら外で吸え」(地元の友人)
「中澤くんがやめたら、せっかく名前を覚えたのに、おじいちゃん、おばあちゃん、また名前を一から覚えなきゃいけないんだよ。サッカーを観てくれるのは若い子たちだけじゃないんだよ」(萩本欽一)
「未来を願うな。ただ今日成すべきことを成せ」(釈迦)
「人生において『成功』は約束されていない。しかし人生において『成長』は約束されている」……40の言葉。

スペシャル対談収録
中村俊輔×中澤佑二/「一線で戦い続ける言葉学」

自身を「下手くそ」と称したサッカー選手が、日本代表主将にまで上り詰めるには、多くの努力が必要だった。厳しい練習、ストイックな食生活、徹底した自己管理…。その苦しい時間を乗り越えることができたひとつの理由に「言葉の力」がある。本や人との出会いを通して、もたらされたその金言が、中澤佑二の原動力となったのだ。岡田武史、イビチャ・オシム、恩師、友人…中澤佑二を作りあげた「自分を動かす言葉」とはーー。