いらっしゃいませ。
 大阪のワインショップ「mista」で店長をしている、ソムリエの竹内香奈子と申します。
 会社の接待や気になる女性とのデートでワインのあるお店に行ったとき、ワインの注文に困ったことはありませんか?せっかくのデートならカッコいいところを見せたいですよね。
 そこで今回は、レストランでワインを注文するときのポイントや好みの味わいを伝える表現法をご紹介します
デートや接待といった大切なシーンでワインを注文するとき、どうしていますか?

◆お店の人を味方につける

 まず、ソムリエやマネージャーなど、お店の人を味方につけるのがポイントです。ワインのプロがお店にいる場合は、味方につけない手はないです。なぜなら、ワインが詳しくても詳しくなくても女性にカッコいいと思われるようにあなたを立ててくれます。女性にカッコいいアピールするよりもお店の人にカッコいいと思われた方が、結果的に良い方向に行くことは間違いありません。
 お店の人に(スマートな人だ)と思われるとそれから先の料理やワインの流れがよくなってきますし、(何を知ったかぶりしているんだろう)と思われると雑に扱われたりします。

◆お店の人を味方につけるには

 では、どのように味方につければいいのでしょうか? それには、いくつかの注意点があります。
 くれぐれも有名ワインを連呼しないこと、知ったかぶりをしないことです。
 女性の前でいろいろとうんちくを語りたい気持ちは分かりますが、女性はそこまでワインのうんちくは求めていません。それに、ちょっと自信のないことでしたらお店の人に聞いて説明してもらう方がいいですね。

 では、注文していきましょう。

◆ワインの種類を決める

 まずは、シャンパンやスパークリングなどの泡ものか、白ワイン、ロゼワイン、赤ワインのどちらを注文するかを決めます。

◆ブドウ品種を伝える

 好みのブドウ品種や飲みたい品種があれば、品種を伝えてみましょう。
もし同じ品種がなかったとしても、それに近い味わいのワインをお店の人が選んでくれます。

◆好みを伝える

 どんな好みなのかを伝えます。そのときに女性の好みも聞いてあげることが大切です。
 どんなものが好みなのか、味わいの表現の仕方が分からない・・・なんてこともありますよね。
 そこで、よく使う表現法を以下にまとめてみました。

次のページ 味わいの表現法