たとえドエロい肉食淫獣に身をやつしていても、内心は少女趣味な願望を秘めているものだ。でなければ、ちょっとの体毛くらいで、あれほど女が大騒ぎする理由がない。
 

人は性的な場面に立つと思春期前のキモチに戻る

 三つ子の魂とまでは言わないが、人は性的な場面に立つと、思春期以前のメンタリティーに引き戻る力が働くらしい。つまり中学生くらいのキモチに戻れるわけで、男女共に助平心は若さの源だとうなずける。とはいえ、今でこそ助平と言われる私も、中学生当時といったらオッパイは平らで初潮すら来ず、ワキの下やおまたの毛は皆無だった。小柄で発育が遅かったのだ。なので精神年齢も小学生並みに低く、魔法や奇跡をガンコに信じていたのである。
(だからか。すぐオトコに夢を見ちゃうのはそのせいね…)

 女がオトコに夢を見るとは、大まかには相手に対して以下を盲信することを意味する。
・自分を変えてくれる人かも
・永遠の喜びをくれる人かも
 私はいささか懲りなさすぎであるが、まあ周囲の女性たちを見ても、ことセックスに関しては老いも若きも似たようなメンタリティーだ。たとえドエロい肉食淫獣に身をやつしていても、内心は少女趣味な願望を秘めているものだ。でなければ、ちょっとの体毛くらいで、あれほど女が大騒ぎする理由がない。