イラスト/フォトライブラリー
『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 連載第96回「幕末の通訳官・ヒュースケンには月極めの妾がいた」では、アメリカ公使館の通訳官ヒュースケンが日本人の女を妾に囲ったことを述べた。
 同様のことがイギリス公使館やフランス公使館でもあったことが『藤岡屋日記』に記されている。

 イギリス公使館は高輪の東禅寺に置かれた。
 公使館の通弁(通訳)のデンキチは日本名を伝吉といい、紀州生まれの船乗りだった。航海中に遭難して漂流し、アメリカ船に助けられた。アメリカで生活するうちに英語を習得し、その後、イギリス公使のオールコックに認められて通弁となって日本に戻った。
 デンキチは日本人でありながら、髪形も衣服もすべて洋風で、異人(外国人)を気取っていた。

 安政六年(1859)、伝吉は公使館の日本人の奉公人市五郎に、「女を世話してくれ」と頼んだ。依頼を受けた市五郎は、知り合いの米屋の芳蔵に、「適当な女はいないか」と相談した。芳蔵があちこち問い合わせて、高輪北町に住むおます(20歳)と、お三津(16歳)がきまった。

 こうして、芳蔵と市五郎の取り持ちで、おますとお三津は東禅寺内のイギリス公使館に出向き、伝吉の宿舎に泊まること数度に及んだ。このことが町奉行所の役人の耳にはいり、十月二十二日、芳蔵、市五郎、おます、お三津の四人は「隠し売女稼業」をしたとして召し捕られた。

次のページ 吉原以外での売春行為は違法だった