また南に戻って、一条戻橋西の黒田如水邸跡をまわり、
聚楽第界隈にお別れしましょう。
「黒田如水邸址」はごくふつうの民家の脇にぽつりと立っています。
このすぐ南の地名は「小寺町」。
如水が播磨で小寺政職に仕えていたころの名字が
そのまま地域に残っています。
聚楽第が築かれた頃には黒田姓に戻っていた筈ですが、
周囲は呼びなれた「小寺」でそのまま呼んでいたのでしょうか。

一条戻橋を渡って東へ進むと、
「小野小町遺跡小町通」の小さい小さい石碑が。
ぼんやり歩いていると(いや、かなり気をつけていても)
あっさりと見落としてしまいます。
戦国時代とは関係ありませんが、
小野小町がおとしいれられた際に万葉集の草子(双紙)を洗って
無実を証明した「双紙洗水」の井戸の跡だそうです。

 

 

 

なぜこの石碑を見つけなければならないかというとですね、
この石碑を目印に東へ二本目の筋あたり
(次の写真のマンションの角)が
茶屋四郎次郎の屋敷跡とされているからです。
こちらには何の案内も建てられておりません。

 

 

 

 

 

 

 

茶屋四郎次郎屋敷といえば、今回のシリーズの初めの方で
旧本能寺東方の屋敷跡を紹介しましたが、
これは江戸時代に入ってからもので、
それまではこちらが茶屋家の本拠だったようです。

さて、次回はいつものブログに戻るでしょうか?