天皇制はどうか

 ただ、天皇制に関しては直系家族とは元々は全然関係なかったんですよ。直系家族理念をもとに250年以上日本を支配した徳川幕府を倒した明治政府が、支配原理を模索するうち。プロイセンの直系家族システムにヒントを得て、天皇家を直系家族の「モデル」にしてしまったんです。徳川家康が士農工商の身分制度を縦軸に階層化した直系家族制度。それをご破産にした「革命政権」だったのですが、結局直系家族に戻って、頂点に家長としての天皇を置いたわけです。

 そもそも天皇家は男系ではありません。日本会議的な「男系を維持し直系家族的な家を維持するのが日本人の理想」という主張はノスタルジーとしてはありえても、現実的には無理。女子識字率が50%を超えた社会では絶対に無理なんです。

 政治的思想は後戻りや反動が効いても、社会革命が起こったらもう後戻りは効かない。女子は小学校卒業したらそれ以上教育は必要ないとか、大学には進学させないとか、子供は3人以上作れ、みたいな反動的強制でもしない限り、反動は無理。中国のような強権をもってしも難しいのに、一度民主主義を是認してしまった国では絶対に無理です。マッカーサーが核家族理念でつくった日本国憲法を、もう一度直系家族理念で作り直せと言っても、女子の識字率が50%を超えたら後戻りは効かないのです。