ふだんからたくさんの子どもと接している保育士さんは、どんなことに気をつけて子どもと接しているのでしょうか。
 子どもたちとの心温まるストーリーが大好評、てぃ先生・著書『ハンバーガグー』より、子どもの接し方を紹介します。
 4回目の今回は『子どもが喜ぶ叱り方』です。

 

■叱ると怒るの違い、分かりますか?

 この話の前提として、

「叱る」というのは子どものためにするもの。
「怒る」というのは大人のためにするもの。

 僕はこう考えています。
 子どものために「叱る」のであれば、必要なことだけを伝えてあげれば十分ですよね!

 長々とお説教する必要はありません。
 例えば、子どもが走ってはいけないところで走っていたら……
「危ないから走らないようにしようね。先生ね、前に転んだことがあるんだけど、とても痛かったよ」

 これでいいわけです。
 でも、これが「怒る」になると……

「走ったらダメ! さっきも言ったよね!? 何でわかんないの!」

 こんな感じかな。たまに見ますよね。公共の場とかでも。

次のページ NGワードはさっきも言ったよね