こんにちは!

先日、御蔵島でイルカと泳いできた内村です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

当時、太平洋沖に台風が3つもあり

竹芝からのフェリーが出航できるかギリギリまでわかりませんでした。


それでも、運よく行きも帰りも運航することができて

楽しく泳いできました!

さて、「イルカと泳いできた!」

と言うと、

「タンクを背負って、スクーバダイビングで泳ぐの?」

と聞かれますが、実はすべてシュノーケリングなんです!

御蔵島は、イルカとの共存を大切にするため

さまざまなルールを作り、

自然の保護に努めています。

 

 

 

 

 

 

 


なのでドルフィンスイムもいたってシンプル。

マスク&シュノーケル&フィンの3点セットのみ。

あとは泳げる自分の能力さえあればOKです!

泳力がどうのというより、むしろ水面でジタバタしないで浮かんでるほうが、

人懐っこいイルカが、向こうから遊びにてきてくれます!

 

 

 

 

 

 

 


一緒に泳げます!

 

 

 

 

 

 

 


運が良いと

目も合います(^^)

 

 

 

 

 

 

 


泳げるようになったら、

こんな感動することもできるようになるんですね!


ということで、

今回はこのシュノーケリングの簡単なコツを、

2つほど解説させていただきます。



『シュノーケルクリア』

まずは、この写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この水中メガネをマスクといいます。

普段プールで使うゴーグルと違って、

鼻まで覆われています。

なので、マスクをしているときは、基本的に鼻で呼吸ができません。

では、どうやって呼吸するのか?ということですが、

それが僕の顔の左側にある

大きなストローのようなシュノーケルという道具を使うことになります。

この先端を水面に出し、

下にあるマウスピースを咥えて、口で呼吸をする。

これがシュノーケリングの基本になります。

でも、どんなに上手な方でも必ずシュノーケルの中に

海水が入るんですね。


「え!海水入ってきたら、息吸えないじゃん!」

はい、そのとうり。

なので、その海水をなんとか外に押し出さないといけない。

それがシュノーケルクリアという技術になります。

やり方は単純。

肺に残っている空気を使って

勢いよく息を吹いて飛ばすだけ。

なんとも原始的ですが、この時少しコツがあります。

息を吹くときは、

「フ~~~ッ!」ではなくて、

「テューッ!」です。

これはやってみるとよくわかりますが、これが一番水抜けがいいです。

シュノーケルクリアは「テューッ!」

このように覚えてください!


『耳抜き』


ある程度泳げる方はきっと潜りたいはず。

でも、2~3mも潜ると、水圧で耳が「キュ~~~!」と痛くなってきます。

このまま我慢していると耳を痛めてしまうので

ここで耳抜きをします。


やり方は、鼻をつまんで「ン!」と息を耳の方に抜くのです。

飛行機に乗って耳の奥が「ツン!」としたときによくやる

あの方法と同じです。


耳が痛くなる前に、鼻をつまんで「ン!」

これが耳抜きです!


この夏シュノーケリングに挑戦してみる方

どうぞ参考にしてみてくださいね。


イルカと泳げるかもよ~(^^)。