なぜ又吉直樹は芥川賞をとったのか 
なぜ小泉今日子は講談社エッセイ賞を受賞したのか
なぜビートたけしも太田光も「直木賞」を狙っていると言うのか

1925年、芥川龍之介の1枚の写真が「作家=芸能人」と「文学賞」の歴史を宿命づけた
来年の芥川賞・直木賞は加藤ミリヤ、尾崎世界観、紗倉まな、あるいは星野源がとってもおかしくない! 
文学賞80有余年「約束された」秘密の物語が今、ここに!

 

我が国唯一の「文学賞研究家」である川口則弘が書き下ろした

芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ

7月25日より全国書店で発売される。

芥川賞・直木賞。文藝の最高峰の賞たる由縁をたどると、そこには近代日本文学の「もう一つの顔」があった。80余年前、そもそも芥川龍之介が「アイドル」として流通されたのだ! が、時とともにざわつきが忘却され、戦後日本で文学が「権威」に変わる時、文学賞自体が逆に、芸能人たちを虜(とりこ)にし、翻弄した。「欲しい、直木賞!」の言葉が連呼され続けた。

そして2015年7月……又吉直樹が芥川賞を取ったこと、これは、あの80年前の文学賞の興奮、すなわち、芥川の時代の息吹を取り戻したことにあった。この「興奮」のドラマに「我も!」と手を挙げ、執筆したお笑いタレント・俳優・歌手・キャスター・放送作家・落語家・ポルノ女優文学と“深く"関わり、文学賞を目指した「文藝芸人」たちは以下の通りである。
又吉直樹押切もえ徳川夢声森赫子河上敬子池部良冨士眞奈美高峰秀子黒柳徹子板東英二なべおさみ石原慎太郎三島由紀夫野坂昭如藤本義一利根川裕阿川佐和子中山千夏阿久悠高橋洋子唐十郎大鶴義丹山口洋子落合恵子森本毅郎椎名桜子ねじめ正一志茂田景樹戸川昌子中村紘子山下洋輔小泉今日子松本伊代大槻ケンヂ辻仁成なかにし礼町田康さだまさし鈴木いづみうつみ宮土理北原リエ野村沙知代松野大介水嶋ヒロ青島幸男ビートたけし桂三枝タモリ景山民夫山田邦子西川のりお立川談春劇団ひとり太田光などなど多数登場! 

芸能人だと侮るなかれ! 

食わず嫌い、読まず嫌いはもったいない!

めちゃくちゃスゲえ作品ばかりなのである!


≪目次≫
はじめに
第一章 現代の芸能人小説と文学賞事情
第二章 芸能人の小説が、文学賞と出逢うまで
第三章 俳優たちの文才が、文学賞を盛り上げる
第四章 作家のタレント化と、タレントの作家化
第五章 八〇年代に起きた大転換と大騒動
第六章 ミュージシャンたちの多彩な文業
第七章 文学賞に応募して小説の道に入る芸能人たち
第八章 お笑い芸人たちの大躍進