こんにちは!
今年のGWは遠出せず、近くでのんびり過ごした内村です。
のんびりってどんな感じ?
ええ、のんびりプールにいたんですが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間中、とても天気が良かったですが、
皆さんはいかがお過ごしでしたか?


実は、この5月より、僕のスクールが若干リニューアルされました。
毎週木曜日19:40のクラスはクロールに背泳ぎが加わり、
金曜日15:00のクラスもバタフライに平泳ぎが加わりました。
これで、スクールでも4種目が全て習得できる体制が整いました!
詳細は僕のHPをご覧ください!こちら↓
http://www.oyoginonayami.com/


さて、そんなこともありまして、
今回は、今までまったく平泳ぎを泳いだことがない方向けに
グッズを使った習得方法をお伝えしたいと思います。


まず、この平泳ぎ、他の泳法とまったく異なるあるポイントがあります。
そのポイントとは、ズバリ「足首」なんですね。
他の泳法は足首は常に伸ばしたままで、足の甲(表)を使ってキックします。
ところが、平泳ぎだけ、足首を曲げ、足の裏でキックします。
つまりこんな形になる必要があるのです。

 

 

 

 

 

 


ところが、、、。
この足首は、年齢を重ねるにつれて、だんだん曲がりにくくなるんですね。
これは、ふくらはぎが硬くなるのと、すねの前の筋力低下(前脛骨筋と言います)の2つが
主な原因と言われています。

足首が曲がらず、つま先が伸び切ったままのキックを「あおり足」と言います。
今まで、水泳教室で、「あなたのキックは、あおり足です!」
そう言われた事がある方も多いのではないでしょうか?
「はい!私です!」
そんな声が聞こえてきそうです(笑)。


でも、大丈夫。
今回はそんなあなたの為にナイスなグッズを紹介します。
それがこれ。足首ストレッチャー。

 

 

 

 

 

 

足裏のツボも表示されているこんなグッズ。
温泉や、スーパー銭湯などによくおいてあるアレです!
使い方は超カンタン。ただ立つだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、体が前に倒れたり、お尻が突き出たりしないように
真っ直ぐに立ちます。
これだけで、ふくらはぎがビンビン伸びるのが実感できます。

仮に、このように足首が硬くてお尻が突き出てしまっても、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひっくりかえして、角度を調節していただければ大丈夫です。

別にストレッチャーでなくても、ちょっと厚みのある電話帳などに
つま先だけ乗せて立つことでも同じ効果が得られます。
最近は転倒予防にも活用されています。


さて、準備が整ったところで、今度はプールで実践です。
でも、ここからがまたわかりにくいところです。
「足の裏で水をつかみ、後ろにキックしてください!」
おそらく、こんなアドバイスで皆さんキック練習をはじめるはず。

でも、この「足の裏で水をつかむ」感覚がよくわからないんですね。
「そもそも、足裏でモノもつかんだことがないのに、水をつかめ!と言われてもねえ。。」
ですよね~。
はい。中高年の皆さんは、こんな時もグッズに助けてもらいましょう。
こちら↓

 

 

 

 

 

 


水泳習得用のフィンです。
スポーツ用品店に行けば、いろんなメーカーさんが売り出していますが
僕のオススメは、この先が丸くて、かかとにゴム掛けるタイプ。
これを履くことで足裏面積が、自分の足の1.5~2倍くらいになります。
すると、キックの時に抵抗が増え、水を蹴る感覚を得やすくなるのです。

やり方を解説します。

1、真っ直ぐな蹴伸び姿勢からスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、ゆっくり膝を曲げながらかかとをお尻の方に引き付けます。
この時まだ足首は伸びたままでOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、キックを打つ瞬間に足首を直角に曲げます。
この時、ちゃんと足首が曲がっていれば、足裏に水の抵抗を感じることができます。

 

 

 

 

 

 

 

4、半円を描くようにキックして、再び蹴伸び姿勢に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この繰り返しです。


いかがでしたでしょうか?
中高年の方で足首が硬くて平泳ぎで苦労している方は
このようなグッズを有効に利用してみると良いでしょう。

次回はもう少し平泳ぎを解説したいと思います。
お楽しみに(^^)