夏のスペシャルイベントが大盛況の東京ディズニーリゾートですが、パークの楽しみといえば、アトラクションやショーだけだと思っていませんか? しかし、十数年パークに通うディズニーブロガーのみっこさんは、「アトラクションやショーの魅力はもちろんですが、ふとした光景に隠れているこだわりを見つけるとパークで味わえる感動は何倍にもなる」と言います。最新刊『思わす話したくなる究極のディズニー』より、パークの園内放送にまつわるエピソードを紹介します。

ディズニーリゾートの「顧客満足度」が急落した理由

◆キャスト間で迷子情報は瞬時に伝達されている

 非日常な空間を提供してくれる東京ディズニーリゾートでは、雰囲気を壊さないためのさまざまな配慮がされています。

 例えばパークの園内放送。ディズニーリゾートでは「迷子の放送」が絶対にされることはありません。なぜなら、キャスト間、社員間の無線では情報が常に共有されており、パーク内のどこで何が起きているのかがほぼリアルタイムで周知されているためです。

 そのため、迷子の情報は瞬時に伝達され、園内放送をしなくてもすぐに見つけて引き渡すことができているのです。

 この話は比較的有名で、「ディズニーのなかでは園内放送が絶対されないんでしょ!」という方もいるかもしれません。ですが、厳密にはちょっと違います。

次のページ ◆ゲストの立場を第一に考えた緊急放送