どのくらいの人が文学賞に興味があるだろう。芥川賞、山本周五郎賞……一気に注目を集めたのが又吉直樹さんの芥川賞受賞だった。受賞作「火花」が爆発的ヒットとなった一方で、受賞の是非も侃侃諤諤と意見が交わされることになる。「文学賞の世界」を運営し、新刊『芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ 』を上梓、注目を集める川口則弘氏に「文学と芸能人」について新刊より考察してもらう。1回目。

文学賞を芸能人たちが盛り上げることには、文学賞にとって益しかない

 世のなかには「文学」っていうものがあります。どうやら、あるらしいです。

 一人ひとりの頭のなかに「これが文学に違いない」という考えがあり、しかしたいていは個人的な趣味・趣向と見分けがつきませんが、それでも(それだからか)一般にエラいもんだと尊敬されたり、先生だ文豪だとおだてられたりする高尚で奥深そうな世界……一応そういうものがあるのだ、としておきます。

 わかりづらい「文学」に比べると、「文学賞」はわかりやすいです。少なくとも受賞か落選か、結果だけは出ます。ほとんどの文学賞は、関係者しか注目していないような、けっこうシガない催しですが、直木賞・芥川賞という、半年に一回決まる文学賞が(なぜかいつも)マスコミに取り上げられるおかげで、世のなかには文学賞ってものが存在するんだな、と社会の隅々にまで知れ渡っています。

 しかし、文学賞の対象になるような本、いわゆる文芸書は、かなり販売力が落ちてきている。というのが、ここ数年来(十数年来?)の定説です。文芸書が売れなくても、私を含め、一般的に困る人はあまりいないはずですが、それで飯を食っている人たちにとっては死活問題。この局面を打開しようと文芸業界は必死だ、などとあちこちで言われています。

 そんな二〇一五年七月、テレビでもよく見るお笑い芸人、〈ピース〉の又吉直樹さんが芥川賞を受賞しました。日本でいちばん知られている文学賞を、何か知っている芸能人がとった。このインパクトは文学賞史上でも類を見ないほどの熱を帯び、受賞作の『火花』は一年足らずで二五〇万部強も売れて、書籍の売り上げ増に貢献。いっぽうでは「芸人に賞を与えて本を売るとか、文学終わったな」と、いつかどこかで聞いたことのあるような批判がまたぞろ噴き出し、「報道ステーション」で古館伊知郎さんが「芥川賞と本屋大賞の区分けがなくなってきた気がする」と、いかにも世間の印象論を代弁するかのような発言をしては、ネットで叩かれたりしました。