又吉直樹の芥川賞受賞に始まり、押切もえの山本周五郎賞「次点」…。近年、芸能人と文学の距離がどんどん近くなってきている。新刊『芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ 』を上梓、注目を集める川口則弘氏がひもとく。

加藤ミリヤ、二宮和也、尾崎世界観…続々とあらわれる、芸能人作家

 文学賞というものは、どんな立場の人が何を言ったって構いません。ある意味、ちょっと馬鹿にされているとも言えるでしょうけど、その代表は衆目の一致するところ、やはり芥川賞です。

「私は芥川賞をねらっている」、「おれの10年後は芥川賞作家だ」、「このブログって芥川賞モノ」、「芥川賞とったぐらいで威張るな老害」などなど。べつに受賞作を読んでいなくたって、どんな賞なのか知らなくたって、何を言おうが、すべて自由です。ブランド力だけが異常にデカい、それが芥川賞の(唯一の)長所かもしれません。

 インターネットが普及したおかげで、この面白い性質がますます激化したのは間違いありませんが、たとえば二一世紀に入ってからでも、芸能人にまつわる芥川賞ネタは絶えません。以下記事をいくつか紹介しましょう。

シンガー・ソングライター、加藤ミリヤ(23)が小説家デビューする。(引用者中略)数々のベストセラーを手掛けてきた幻冬舎の見城徹社長(60)が「芥川賞も狙える」と感嘆するほど鮮烈なデビュー作だ。(『スポーツニッポン』11年9月19日)
過去にミュージシャンとして辻仁成が芥川賞を受賞したことがあるが、アイドルがとった歴史はない。ニノ(引用者注・ジャニーズアイドル〈嵐〉の二宮和也)の独特なセンスと情熱でアイドル初の文学賞に期待!(『週刊女性』15年8月11日号「ピース又吉が芸人初の芥川賞受賞にアイドル初が続く!? 二宮和也「小説を書きたい!」爆発した15年来の夢」)
尾崎世界観(引用者注・ロックバンド〈クリープパイプ〉のフロントマン)の歌詞はしばしば「文学的」と言われてきたが、本作をもって、その形容詞は名詞へと変わるだろう。すなわち、尾崎世界観が書く言葉は文学である、と。この作品(引用者注:『祐介』)が次回の芥川賞候補にノミネートされても、いや、よしんば受賞したとしても、まったく不思議ではない。(WEBサイト「ミーティア」16年7月6日コラム「クリープハイプ・尾崎世界観による初の小説『祐介』レビュー:音楽の火花」 ―文:山田宗太朗)

 そして17年、「芥川賞とれるんじゃないか」芸能人の急上昇株は、AV女優・紗倉まなということになっています。さらにはピン芸人、斉藤紳士さんの「デーゲーム」が群像新人文学賞の最終候補にまで残った、との話題もありましたし、今後もめまぐるしく、その座につく(つかされる)芸能人は変わっていくでしょう。文学賞の未来は明るいです。

次のページ よしもとも文芸を中心に出版事業に参入