ウニの漁獲量 日本一!
北海道で旬のウニを味わいましょう!
北海道にはカニやいくらなど新鮮な海の幸がたくさんありますが、実はウニの漁獲量が日本イチなのです。
そして、今!日本海側では、ウニが旬のシーズンを迎えています。北海道で獲れるウニは、主にバフンウニとムラサキウニの2種類。
新鮮で美味しいウニを食べに北海道に来ませんか?

バフンウニ


ウニ丼のメッカ・積丹半島

日本海側に位置し、青く透き通るような海の美しさから「積丹ブルー」とも呼ばれる積丹半島は、北海道で唯一の海中国定公園にも指定されています。
浅瀬の岩々が透き通ってエメラルドのような緑がかった青い色に見える、南国のような海の色は、訪れた人が思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックなスポットです。

 

「積丹ブルー」(写真は神威岬)

 

そして、積丹半島は積丹ブルーの絶景のほかに、新鮮なウニ丼が食べられることでも人気のスポットなんです。
積丹半島の人気観光スポットの神威岬(かむいみさき)や島武威海岸(しまむいかいがん)の近くには「お食事処 みさき」や「食事処 うろこ」など、漁師が経営するお店をはじめウニ丼を提供するお店が多くあり、なかには、メニューが生ウニ丼だけ!というお店もあるんですよ。

6~8月のウニ漁の解禁時期には、生ウニを食べるためだけに訪れる人も多く、かくいう私も夏になると「積丹に行かなくちゃ!」と、生ウニを楽しみにしている観光客のひとり。

そんな、たくさんの人がシーズンを楽しみにしている積丹のウニは、粘りの強い細目昆布を食べて育つことから、濃厚な甘さと深いコクを持つのが特徴。
ところが、積丹町内で水揚げされたウニは、そのほぼ全てが町内で消費されるため、ほとんど町外に流通する事が無いとも言われています。
まさに『産地でしか味わえないウニ』なんです。

だからこそ、メニューが生ウニ丼だけ!というこだわりのお店があるのも納得ですね。
もちろん「ウニも食べたいけど、カニやいくらも食べたい!!」という人には、ウニ丼以外に、海鮮丼を提供しているお店もたくさんあるので、安心してくださいね。

 
 

うに丼

 

カニ&ウニ&いくら丼