2014年1月8日刊行のベスト新書『痩せる筋トレ 痩せない筋トレ』
著者・比嘉一雄氏の教えを受けて、自堕落極まりない生活を送る担当編集者(37歳・独身)がダイエットに挑戦した。昨年11月より始まった。本書製作期間真っ只中の約1ヵ月半。結果はいかに?

 編集   30代になって急激に太りだしましたからね。それまで165cmで52kgと、むしろ痩せすぎてることが悩みだったんですが、それはもう瞬く間に、いいお腹になっちゃったんですよね……。

 先日、法事で実家に帰省したんですけど、当時着ていたワイシャツが、みごとなくらいに首を通らない。
まあ情けない話ではあります。それでこの本をつくることをきっかけにして、最初は軽い気持ちで痩せてやろうと思いました。初めて比嘉さんにお会いしたのが2013年11月3日。

 そこでこの書籍についての打ち合わせをして、その1週間後からダイエットを始めました。「痩せる筋トレ」の担当編集者がぷくぷく太っていたんではかっこうがつかないですから。その日の夜に計った体重はジャスト64㎏。ここ数年、大体このくらいだったのは知っていたので、別段なんてことはないのですが、やっぱり太りましたね。

編集担当者のたるみきったお腹

 若い頃にくらべて。ぜい肉だけが身について、中身がまったく進歩していないんで余計惨めな気持ちにはなります。もともと怠惰な生活をしていたので、ある意味ではまったく20代の頃と変わったところはないんですけどね。運動をしていないのは昔からですし。

 比嘉 30代になって太りだすのは基礎代謝が落ちるからです。
なぜ太るかの原理は本当に簡単で、消費カロリーより摂取カロリーのほうが大きければ太る。まず摂取カロリーは食べたり、飲んだりしたときに取り入れるカロリーです。

 そして消費カロリーというのは、「基礎代謝」と「運動代謝」と「食事誘発性熱産生」にわけられます。そのうちの60%を基礎代謝が占めています。
そして基礎代謝量は20代をピークに年に約1%づつ減っていくといわれています。

編集 つまりそれまでとまったく同じ生活をしていると、低下した基礎代謝分だけ消費カロリーが減るということですよね。

比嘉 逆に言えばその分だけ、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか、どちらかの選択をすれば元に戻るということなんです。

 すべてのダイエットはこの原理の枠内にあります。難しく考えなくていいんですよ。

編集 そう、ここでいきなり結果から話をするんですが、2013年12月27日に計った体重が58.5kg。計った時間がマチマチなんでばらつきはあるのですが、それ以降もだいたい58.5~59.5kgの間におさまっています。
約5kg減量したわけですから、これはもちろん成功といっていいんじゃないですかね。

比嘉 これまではなんで成功できなかったんだと思いますか?