神社参拝時の作法としては、「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」というスタイルが一般的だ。まずは鈴を鳴らしてからお賽銭を入れ、深い礼を2回行う。その後、柏手(拍手)を2回行い、さらに深い礼を1回するという流れだ。しかし、出雲大社や宇佐神宮などでは「二礼四拍手一礼」となる。

 出雲大社の場合、5月14日の例祭では拍手を8回行う。この例祭はもっとも大きな祭典であり、このときに無限という意味がある「8」回の拍手を行うことで神を限りなく讃えることを表すという。通常はこの半分の数を作法としているので、「四拍手」となるわけだ。

 この通常時の二礼四拍手一礼も、正確には「一拝・祈念・二拝・四拍手・一拝」となる。まずは体を90度に曲げた深いお辞儀をし、もう一度深くお辞儀をしてから祈念する。そして、さらに2回、深くお辞儀をしてから拍手を4回行い、最後に深くお辞儀をするという流れだ。

 神社でお願いごとをする際、柏手を打つときなのか、最初と最後、どちらの礼のタイミングで行うのか、悩むことはないだろうか。これも神社によって異なるようだが、出雲大社では拍手よりも先にするとし、拍手は両手を胸の高さに合わせて右手を少し引くのがよいとされる。

 神社の中でも最上格である伊勢神宮ではどうかといえば、「八度拝八開手」という作法がある。これは8回の深い礼の後、拍手を8回するというものだ。しかしこれは、祭祀の際に神職が行うものであり、一般参拝なら二礼二拍手一礼で問題ないようだ。

 このように神社ごとに異なる作法が見られるが、二礼二拍手一礼が定着したのは明治以降で、古来は「三礼三拍手一礼」だった。

 これは、造化三神とされる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)、神皇産霊尊(かんみむすびのみこと)を拝むからという説がある。同じ神道であっても、時代や場所によって作法が異なるので覚えておきたい。

 いずれにしても、大切なことは神を讃え、敬う気持ちではないだろうか。参拝するときにはつい願い事が先になってしまいがちだが、まずは感謝をすることが大事とされる。大事なことをお願いしたいときには、作法を意識しつつもこの感謝の気持ちを忘れないようにしたい。