長男を東大とイェール、次男を難関国立大学医学部、わが子をそうそうたる名門校に送り込んだ母・小成富貴子さん。「非お受験ママだった」という小成さん独特の勉強法とは? 初の著書『究極の育て方』より、子どもの好奇心を引き出し、自分から勉強するようになる「声掛け」を紹介する。

勉強の話で一家団欒する

 わが家では夕食のときに、その日にあったことや学校で習ったことを話すという習慣がありました。今でも家族で食事をするときには定番の会話です。

「今日何があった?」

 から一歩踏みこんで、小学生であれば、

「算数は何を勉強したの?」

 のように具体的に聞いてみます。例えば算数の場合ですと、

子ども:「分数をやったよ」
母:「分数の何をしたの?」
子ども:「ええと、かけ算」
母:「どんな問題だった?」
子ども:「うーん。2/3×3/5とか」
母:「へえ、難しいじゃない! 答えは何?」
子ども:「簡単だよ! 6/15だから、2/5だよ」
母:「なぜ6/15が2/5になるんだっけ?」

 といった形で会話を展開していきます。

次のページ 「知らない」で終わらず「教えて」に